乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

200話 イザベラ嬢-3【カイン視点】

「ぐっ……」

「ははは! ざまあみろ!!」

 大人げない奴だ……。
 俺みたいな子供に手を上げるとは。
 まぁ、大金を持った貴族の娘を狙った時点で同類かもしれないが。
 しかし、ここで諦めるわけにはいかない。
 どうにか逃げる算段をつけなくては……。

「待ちなさい。子供を殴るとは何事ですか」

 そこに現れたのが、財布の持ち主――イザベラ嬢だった。
 彼女は、チンピラとその仲間達を魔法であっさりと無力化してみせた。

(強い……!)

 俺は魔法使いの知り合いがいない。
 だが、それでも見れば分かる。
 彼女の魔法は凄まじいものだった。

「――あなたのやったことは許される事ではないと思うの」

「へっ。言って聞かせられないなら、衛兵に突き出そうってか?」

 断罪の時間がやって来た。
 彼女にかかれば、俺なんて蟻のようなものだろう。
 逃亡も戦闘も無意味だ。
 せめてもの抵抗といえば、悪態をつくことくらいか。
 だが――イザベラ嬢は予想外の言葉を返してきた。

「あなたはスリをしないで、真っ当に生きてほしいの」

「はっ、そんなの無理だよ。真っ当に生きるだけじゃ、腹は膨れねえ」

 俺はそう反論する。
 だが、イザベラ嬢にとっては想定内の答えだったようだ。

「私があなたに生き方を教えてあげるわ。当面生きていけるだけのお金。それに、魔法の使い方だってね」

「なっ!? そ、それは……」

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く