乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

198話 イザベラ嬢-1【カイン視点】

 俺の名前はカイン・レッドバースだ。
 いや、正確に言えば、生まれてから十一歳になるまではただのカインだった。
 俺は実の両親の顔を知らない。
 物心ついた時には、とあるスラム街で浮浪児をやっていた。
 ただ、親がいないというだけで、別に生活に困ることはなかった。
 盗みや恐喝など、生きるために必要なことは自分で学んできたし、それができるだけの頭や腕っぷしも持っていた。
 何より、この街はそういう奴らが大勢いる。
 弱者が強者に淘汰される世界なのだ。
 だが、ある時に転機が訪れた。
 それは、俺が十一歳になった頃だった。

「おっと! ごめんよ!!」

 俺は大通りで、身なりのいい少女にわざとぶつかった。
 貴族の娘だろうか?
 それならば、金を持っている可能性は高いと思ったのだ。

「いえ、こちらこそ……」

 彼女は、すぐに謝罪を口にする。
 貴族にしては珍しいことだと思った。
 大抵の貴族は、平民などに絶対に謝らない。
 ましてや、自分からぶつかってきた浮浪児になんて尚更だろう。
 彼女はお人好しな貴族のようだ。
 俺は彼女の謝罪を聞き流しつつ、その場を立ち去る。
 もちろん、手にはこっそりと抜き取った財布を持っている。

(おっ!? 狙い通り、結構入ってそうだぜ……)

 俺は内心ほくそ笑みつつ、路地裏へと入っていく。
 ここなら、人目につくこともないだろう。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く