乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

197話 姉上-5【フレッド視点】

(あぁ、違うんだ……!)

 本当はこんなことが言いたいんじゃない……!
 僕は必死に抗う。
 そして――

「姉……上……」

「フレッド? ――んぷっ!?」

 僕は姉上の体を蝕む毒素を吸い出すため、口づけを行った。
 姉上の困惑した視線が僕に向けられる。

「ぷはっ! ふ、フレッド……? これは一体……」

「もう、これしかないんです。姉上は、僕の大好きな姉上は……。こんなところで死ぬべきじゃない。だから、僕が命に代えても守ります。これが弟としての最後の役目なんですから……」

「ま、まさか今のは毒を吸い出したの……? どうして……?」

「姉上……。弱い僕を……闇に飲まれた僕を許してください……。どうか……生きて……」

 僕はそう告げると、最後に愛しい人の顔を目に焼き付ける。
 そして、その場に倒れ伏した。
 もう指一本動かせない。
 意識がどんどん遠のいていくのがわかる。

(これでよかったのかもしれないな……。姉上のために死ねるのならば本望だ)

 薄れゆく意識の中、そんなことを考える。
 だが――

「――ごめんなさい。エドワード殿下、フレッド、カイン、オスカー。そして……アリシアさん……」

 姉上のそんな言葉が聞こえたような気がした。
 毒を吸い出して終わりじゃなかった。
 何かが姉上を害しようとしているようだ。
 僕にできることは……。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く