乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

192話 決着?

「ソロソロオワリにシテアゲマスよぉ……」

 そう言うと、アリシアは再び魔力を練り上げ始めた。
 それは、今までで最も強大な魔力だった。
 イザベラは慌てて防御魔法を展開する。
 しかし、それでもまだ不安が残るレベルだ。
 果たして防げるのか?
 そう疑問に思うも、アリシアは待ってくれるわけではない。
 彼女の手から魔力弾が放たれてしまった。

「うぅ……!」

 苦しげな声を漏らしながらも必死で耐えるイザベラ。
 前世の知識を持っている彼女にとっても、今のアリシアの攻撃を防ぐことは容易ではない。
 それでも何とか耐え続けていたのだが、そこにアリシアの精神攻撃が加わる。

「あハッ! イザベラサマぁ……。アナタとナカノヨカッたオトコドモはモウイナイノデスよぉ……? イツまでも、ムダナコトヲシナクテモイインデスよぉ……?」

「っ!?」

 その言葉に動揺してしまうイザベラ。
 その一瞬の隙を突いて、アリシアは魔力弾にさらなる力を込めた。

「ぐ、ぐぅぅっ!」

 必死に耐えるイザベラ。
 しかし、一度崩れかけた防御魔法は脆くなっており、今にも崩壊しそうになっていた。

(まずい……このままだと押し切られる……! ――でも、確かに彼女の言う通りだわ。もう、私には何も……)

 彼女がそんなことを思った次の瞬間――ついに限界が訪れた。
 パリンという音と共に結界が破れてしまい、闇の魔力弾がイザベラを襲う。

「――ごめんなさい。エドワード殿下、フレッド、カイン、オスカー。そして……アリシアさん……」

 イザベラは静かに目を閉じると、死を覚悟したのだった。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く