乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

191話 凶刃と凶弾

「目を覚ましなさい! アリシア・ウォーカー!!」

(お願い……届いて……!)

 そんな願いを込めて叫ぶも――やはり効果はないようだ。
 それどころか、むしろ逆上させてしまったようで、アリシアの動きがより激しくなったようにも思える。

(ダメか……)

 思わず諦めそうになるイザベラ。
 アリシアは、その隙を見逃さなかった。
 一気に距離を詰めると、鋭い爪を振りかぶってきたのだ。

「あハハハハハハハ!!」

 勝ち誇ったような笑い声と共に振り下ろされた凶刃を――イザベラは間一髪で回避することに成功した。

(危なっ!?)

 冷や汗をかきつつもホッと息をつく彼女だったが、それも束の間のことに過ぎなかった。
 彼女は殺気を感じ取ると、慌ててその場から飛び退く。
 するとその直後――彼女がいた場所を何かが通り過ぎ、後方の壁を粉々に吹き飛ばした。

(あれは……!)

 よく見れば、その正体はすぐに分かった。
 それは闇の瘴気の塊だったのだ。
 まるで弾丸のように放たれたそれは、恐ろしい威力を誇っていた。
 もしも当たっていたらどうなっていたのか……想像するだけで背筋が凍り付く思いである。

「マダマダァアアッ!!」

 アリシアが再び襲い掛かってくる。
 イザベラは防戦一方になるしかなかった。

「ハァ……ハァ……」

 肩で息をしながら、イザベラは目の前の相手を見つめていた。
 対するアリシアの方も、さすがに疲れが出てきたようだ。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く