乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

188話 あははハハハハハ!!

「わたしはねぇ……生まれ変わったんですよぉ!」

「生まれ変わって……?」

 意味が分からず困惑するイザベラをよそに、アリシアはさらに続ける。

「わたしはイザベラさまが好きでしたぁ。でもぉ、あなたはわたしのことを避け始めていたでしょう? だからわたしぃ、頑張ったんですよぅ」

「何を……?」

 戸惑うばかりのイザベラを尻目に、アリシアは語り続けた。

「愚かな男達を唆して、イザベラさまを理不尽に断罪させる。そして、わたしを好きになってもらおうとしたんですよぉ!」

「――!!」

 イザベラは言葉を失う。

(まさか、このバッドエンドルートは全部アリシアさんが仕組んだことだったの?)

 そんなことが本当に可能なのか?
 もしそれが可能だとすれば、確かに今までのことも説明がつくかもしれないが――。

「こんなことをしても、私の恋心があなたに向くことはないわ。それにそもそも……彼らは私を殺そうとしたのよ? 私は死んでいたかもしれないわ。もしそうなっていたら……」

「ちゃんと調整していますよぉ。ギリギリまで攻めないと緊迫感がありませんものぉ」

「……」

「でも、もういいんです。こうなってしまった以上、イザベラさまの心がわたしのものになることはない」

「なら……」

「ふふ……ふふふふふ!! せめて、イザベラの体だけでもわたしのものにしますぅ! あは、あはハ、あははハハハハハ!!!」

 狂ったような笑い声と共に、アリシアの身体がビクンッと跳ねる。
 そして――その姿が大きく変化し始めたのだった。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く