乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

179話 アイス・プリズン

「オスカー様……。その目は……?」

「うぅ……。イザベラ、殿……」

「一体どうしてしまったの? どうしてそんなに苦しそうなの?」

「ああぁ……。私は、あなたを……殺さなければならない……」

 オスカーは苦悶の表情を浮かべながらも、杖を取り出す。
 一流の魔法使いは杖に頼らずとも魔法を発動できる。
 だが、杖による補助を受ければさらに高威力の魔法を扱うことが可能だ。

「やめて! お願いだからやめてください!」

「イザベラ様、この男は正気を失っているようです。やはり汚らわしい男など信用できませんね。イザベラ様に彼は相応しくありません」

 アリシアが不敵な笑みを見せる。
 この一連の事件は、彼女の企みである。
 エドワード王子、フレッド、オスカー、カイン。
 彼らの闇の瘴気を増幅させ、イザベラを断罪させる。
 間一髪のところでイザベラを救い出し、自分への印象を良くしようとしたのだ。
 全ては、女性同士という禁断の愛を成立させるためである。

「――【アイス・プリズン】」

 オスカーが氷魔法を発動する。
 アリシアの企み通りであれば、その氷魔法はイザベラを襲い、それをアリシアが助けることで二人の絆が深まるはずであった。
 だが――

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く