乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

178話 アリシアの誤算

「――お待ち下さい!」

 するとそこに、オスカーの声が響いた。
 オスカーの視線は、イザベラの隣に立つアリシアへと向けられている。

「アリシア殿! どういうことですか? なぜ貴女がそちら側にいるのです!?」

 オスカーは怒号を上げた。
 彼の言葉を受けて、アリシアの顔が歪む。

「ちっ……。黙って暴走してくれれば良かったものを……。瘴気の量が少なかったか……」

「アリシアさん? 一体何の話を?」

 イザベラが疑問の声を上げる。

「いえ、なんでもありませんよ。――【ダーク・ミスト】」

 アリシアは即座に誤魔化すと、闇魔法を発動させた。
 周囲に濃い霧が漂い始める。

「あっ……」

「ぐっ……」

 周囲にいた生徒達が次々と倒れていった。

「こ、これは……?」

「大丈夫ですよ、イザベラ様。ただ眠っただけです」

「そうなの? どうして突然……」

「寝不足だったのでしょう。どうあれ、邪魔な野次馬共を一掃することができました。仕上げを行います」

 アリシアが手を掲げると、広がっていた霧が収束していく。
 そしてそれは、オスカーの元へと向かった。

「なっ!?」

「【ダーク・ミラージュ】」

「ぐ、ぐおおおおぉぉっ!!!」

 オスカーが絶叫する。
 彼の口元から侵入した闇の瘴気は、体内を駆け巡り、オスカーの肉体を蝕んでいく。
 元より黒く濁り気味だった彼の瞳は、さらにドス黒い色に染まっていった。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く