乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

177話 アリシア登場

 世界の強制力によって、バッドエンドルートに入ってしまったイザベラ。
 元よりそういう運命だったのだ。
 しかしエドワード王子とフレッドは運命に抵抗し、抗った。
 二人は自らの身を犠牲にすることで、イザベラの命を繋ぐことに成功したのである。

「エドワード殿下! フレッドーッ!!」

 イザベラの悲痛な叫びが響く中、やがて二人の身体から力が抜けていく。
 そして二人の意識は完全に途絶えた。

「……悲しんでいる場合じゃないわ。私にはやることが残っていますものね」

 イザベラはそう呟くと、この場から逃げるべく立ち上がる。
 フレッドから受けた毒の影響が消えた今、なんとか歩ける程度の状況にはなっている。
 だが、そんな彼女の前に一人の少女が姿を現した。

「イザベラ様! ご無事ですか!?」

「あ、アリシアさん……」

 それは男爵令嬢アリシア・ウォーカーであった。
 かつてのイザベラと彼女は、とても仲の良い親友だった。
 しかしそれぞれが闇の瘴気に侵されてからというもの、彼女達はエドワード王子からの寵愛を得るべく争っていた。
 身を案じるような間柄ではないはずだが――

「今すぐここから逃げましょう。あちらに馬車を用意しています」

「……えぇ、わかったわ」

 アリシアは、かつての親友に手を差し伸べた。
 それを見たイザベラは、戸惑いつつもアリシアの手を取る。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く