乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

175話 破滅ルート? 3

「殿下、お答えくださいませ……。殿下は……、私を愛してくださっていたはずです……。なのに、なぜこのようなことを……?」

「真実の愛に目覚めただけだ。アリシア嬢こそ、俺の運命の人なんだ」

 エドワード王子は最後にそう呟いたかと思うと、剣を勢いよく振り下ろした。
 イザベラに出来ることは、静かに瞼を閉じることのみ。
 こうして、迷い人の記憶が混じりこんだイザベラの人生は幕を閉じた。
 ――――……はずだったのだが。

「……あれ?」

 いつまで待っても、イザベラは死を迎えていなかった。
 恐る恐る目を開けると、そこには信じられない光景が広がっていた。

「……殿下?」

 イザベラの前に立っていたのは、エドワード王子。
 だが、イザベラに対して振り下ろされたはずの剣は、なぜかエドワード王子自身の腹に深々と突き刺さっていた。
 状況を理解できずに困惑するイザベラ。

「ぐっ……、かっ……!」

 対するエドワード王子は、苦しそうな表情を浮かべながらもイザベラを見据えていた。
 まるで何かを訴えかけるような眼差しである。

「一体何が……?」

「イザベラ、この場から離れてくれ……」

「……いったい何を仰っているのです!?」

 不可解であった。
 イザベラを処刑するべく剣を振り上げたのはエドワード王子の意思。
 それなのに、今度はイザベラに対して逃げるように言うのだから。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く