乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

167話 バランス

「つれねぇこと言うなよ、イザベラ嬢」

「その通りですね。これからの王立学園を担っていく者同士、友好を育むべきでしょう?」

「……」

 イザベラは沈黙する。
 彼女以外にも、エドワード王子、カイン、オスカー、アリシア、フレッドの五人は闇の瘴気に侵されてしまっている。
 かつて仲良く過ごしていた頃の面影は失われつつある。
 だが、完全になくなったわけではない。
 友好と敵対。
 愛情と憎悪。
 相反する様々な感情が、ギリギリのバランスで保たれていた。

(ふん……。有象無象に比べれば悪くないけれど、エドワード王子ほどの魅力はないわね)

 イザベラは、カインやオスカーに向けてそのような評価を下す。
 能力、人柄、家柄、容姿、イザベラとの思い出など……。
 それぞれに優劣はあるものの、総合的にはエドワード王子に軍配が上がる。
 何より、イザベラとエドワード王子は既に婚約が発表された身なのだ。
 彼女は、エドワード王子以外になびくつもりはなかった。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く