乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

141話 氷槍弾雨

 オスカーがゴーレムに氷魔法を発動した。
 そして、続けて魔法を発動する。

「氷の精霊よ、我が魔力を糧とし、敵を貫け! 【氷槍弾雨】!!」

 無数の氷の矢がゴーレムに命中し、次々と貫通していった。

「これで終わりです。さようなら、ゴーレム殿」

 最後にオスカーが大きめの氷槍を放つ。
 それがトドメとなり、ゴーレムは停止した。

「み、見事だ! 所要時間十秒、打ち込み魔法数は二! これほど少ない魔法の手数でゴーレムを停止させるとは……」

 講師が感嘆に目を見開く。

「ば、バカな……。こんなことが……」

「ありえませんわ……」

 四席と五席が唖然と呟いた。

「ふん。これで私との格の差が理解できたでしょう? 大したことのないレベルで得意げになっていたあなた達は、ひどく滑稽でしたよ」

 オスカーが不敵な笑みを浮かべながら、四席と五席に視線を向ける。

「ぐぬぬ……。だ、だが! 今の実技訓練に参加したのは、オスカーだけじゃねえか!」

「そうですわ! イザベラさんは後ろで見ていただけ……。なら、わたくし達の評価はイザベラさんよりも上のはず!」

 四席と五席が言い返す。
 彼らの言い分にも一理ある。
 これは本来、ペアでの実技訓練だ。
 魔法同士の相性を考慮しつつ二人の息を合わせ、ゴーレムを停止に追い込むまでの工夫を競う類の訓練である。
 個人の氷魔法の出力のみであっさりと停止させたオスカーの力量は感嘆に値するが、イザベラの力量の評価には繋がらない。

「ふん。負け犬の遠吠えですか? イザベラ殿の実力は、今の私より上ですよ」

「な、なんだと!?」

「それはどういう意味ですの?」

「言葉通りの意味です。普通に考えれば分かるでしょう? これまでのテストでも、彼女は常に首席を守ってきました。次席である私の氷魔法の威力が向上しているのであれば、首席の彼女の氷魔法も向上していると考えるべきです」

 オスカーの言葉を受け、四席と五席が絶句する。
 だが、それでも納得しきれなかったのか、二人が声を上げるのだった。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く