乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

137話 実技訓練

「それじゃあ早速、実技訓練を始めようと思う。まずは……そこの二人組からだな」

「「は、はいっ!」」

 講師に指名された二人組が前に出ていく。
 二人は緊張の面持ちで杖を構え、詠唱を始めた。

「炎よ、我が敵を撃て。【ファイアーボール】」

「風よ、刃となりて切り刻め。【ウィンドカッター】」

 二人の攻撃魔法が次々と放たれ、ゴーレムに向かって飛んでいく。
 魔法は見事に命中し、ゴーレムの表面を削る。
 しかし、それだけだ。
 ゴーレムは起動停止せず、二人に向けてゆっくりと進んでいく。

「さぁ、適切な距離を保ちながら攻撃を続けなさい。ゴーレムの動きをよく見てね」

「「はい!」」

 それからしばらくの間、ゴーレムへの攻撃が続いた。
 そしてついに――

「よし、そこまで。ゴーレムの停止を確認した」

 ゴーレムは動きを止め、その場で止まった。

「ふぅ……。ようやくか」

「時間が掛かってしまったわね」

 二人組がそう言う。

「所要時間百八十秒、打ち込み魔法数二十一か。悪くはない。ただ、安全を重視し過ぎた側面はあるな。もう少し近くの距離を保って攻撃を繰り返していれば、より早く停止させられただろう。ま、初めてにしては上出来だ。この調子で頑張りたまえ」

「ありがとうございます」

「貴重なアドバイス、感謝します」

 生徒達の視線が二人組に向けられる。
 この戦いは、訓練であると同時に、テストでもある。
 もちろん最初に挑んだ者の方が情報不足のためやや不利であるし、講師もその辺りは考慮して評価を下すのだが、あくまでそれは最初の話である。
 二回目以降は評価にそれほど差はないのだ。
 この講義においてゴーレム戦に初めて挑んだ者の結果が一つの基準となり、それよりも下の成績を取ることは避けたいと考える者は多い。

「それでは、次だ。そちらの二人でいいかね?」

「はい」

「よろしくお願いします」

 次の二人が前に出る。
 先ほどの二人組よりも落ち着いていて、自信があるように見える。

「では、始めてくれたまえ」

 講師の言葉を受けて、二人組が同時に魔法を放つ。

「氷よ、我が敵を貫け。【アイスアロー】」

「風よ、我が敵に切り裂く刃となれ。【エアブレード】」

 二人の魔法が、それぞれゴーレムに命中する。
 だが、やはり初撃だけでは停止しない。

「そのまま攻撃を続けて」

 講師の指示に従い、二人はゴーレムを攻撃する。
 なかなかゴーレムの歩みを止めることはできない。
 それでも、どうにか停止にまで追い込んだ。

「よし、終了だ。ゴーレムの停止を確認」

 講師がそう告げる。

「所要時間百六十秒、打ち込み魔法数十九。うん、一組目の戦いを上手く参考にしたようだな。申し分ない結果だ」

 魔法の適性には個人差が大きい。
 攻撃魔法を使えない者、使えるが防御魔法の方が得意な者なども存在する。
 だが、わざわざ実技訓練の講義を選択するような生徒の平均レベルは、それなりに高い。
 今の二人組ぐらいが一つの標準となるだろう。

「はい!」

「ありがとうございました!」

 二人組が元気よく返事をする。
 他の生徒達も感心した様子で拍手を送ったのだった。

コメント

コメントを書く

「恋愛」の人気作品

書籍化作品