乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

135話 実技魔法の講義

 朝から熱いシーンを学園生徒に見せつけたイザベラとエドワード王子。
 二人は連れ立って、学園内を進んでいく。

「――むっ! そうか、一限目は学年別の講義か。イザベラの第二学年は実技魔法だったな」

「その通りですわ。エドワード殿下と離れるのは寂しいですけれど……」

「しばしの別れだな。我慢するしかあるまい。では、また後で会おう!」

「はい、エドワード殿下」

 途中でエドワード王子と別れたイザベラは、自分の教室へと入っていく。
 すると、クラス中から視線が集まった。
 好奇の目。
 あるいは、嫉妬や敵意の混ざった目。
 それらの視線を気にせず、イザベラは空いている席に腰を下ろした。

「おはようございます、イザベラ殿」

「ええ、おはようございます。オスカー様」

 イザベラに話しかけてきたのは、シルフォード伯爵家の跡取りであるオスカーだった。
 彼もまた、他の生徒たちと同じようにイザベラを見ていた。
 ただ、その表情には友好的な笑みが浮かんでいる。

「相変わらず、エドワード殿下とは仲が良いですね」

「まあ、婚約者ですし……。それに、私たちの間には信頼関係がありまして……」

 長い間、王家からの婚約話を躱し続けていたイザベラ。
 だが、つい先日、ついにエドワード王子との婚約を受け入れた。

「そうですか。しかし、本当におめでとうございます。エドワード殿下とイザベラ殿がご結婚されれば、この国の将来は安泰でしょう」

「ありがとうございます」

 オスカーの祝福に礼を言うイザベラ。
 エドワード王子の高スペックぶりは今さら言うまでもないが、イザベラも様々な面で優秀だ。
 『魔乏病』の特効薬の開発、カインやその仲間の孤児たちへの魔法指導、シルフォード伯爵家の領地経営への助言、密かに習得した王家の秘技『覇気』など……。
 それらは必ずしも王立学園内で評価されるものではないのだが、それでも彼女が優秀なことは間違いなかった。
 二人がそんなやり取りをしている内に、講師がやって来た。
 そして、授業が始まる。

「それでは、今日の魔法演習を始めましょう。皆さん、準備はいいでしょうか?」

「「はい!」」

 クラスの皆は元気よく答えた。
 ちなみに、魔法演習とはその名の通り、魔法を使った戦闘訓練のことである。
 実戦さながらの戦闘が行われるため、危険性もある。
 だが、同時に魔法の実力を磨くことのできる貴重な機会でもある。
 そのため、ほとんどの生徒は楽しみにしているようだ。

「今日は、二人組になってもらいます」

「「……」」

 講師の言葉に、一瞬沈黙が流れた。
 生徒であると同時に貴族でもある彼らには、多少なりとも派閥というものがある。
 そして当然、より強い者と組んだ方が訓練での勝率が増し、好成績に繋がる。
 誰と組むべきか、それぞれ考え始める。

(ここは、実技魔法主席のイザベラ様と……)

(オスカーさんの氷魔法は強力だからな。何とかして組めないか……)

 その視線はイザベラとオスカーに向かっている。
 このどちらかと組むことができれば、訓練での勝率は大幅に増す。
 それに、洗練された魔法を間近で感じることにより勉強にもなるだろう。
 彼らは、何とかしてイザベラやオスカーと組めないか、誘い文句を考えるのだった。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く