乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

132話 イザベラの豹変

 一ヶ月後――。
 王立学園の女子寮にて。

「イザベラお嬢様、朝でございます」

 イザベラは、お付きのメイドの声で目を覚ました。

「…………」

 イザベラは仏頂面でゆっくりと起き上がる。
 アディントン侯爵領にいた幼少期から、彼女は日常的に早起きしてポーションの材料を栽培するための畑仕事に精を出していた。
 王立学園の女子寮で生活するようになってからも、大きくは変わらない。
 交渉の末、学園の敷地の一角の管理権を手に入れ、薬草園を作ったのだ。
 朝早くに起きることは苦ではない。
 むしろ好きなくらいで、朝になると自ら起きて着替えを済ませるほどだ。
 だが、この一ヶ月で彼女の生活リズムは大きく変わっていた。

「おはようございます、イザベラ様」

「……おはよう」

 イザベラは挨拶を返してから、ベッドを降りる。

「お召し物の準備は整っております」

「…………」

 イザベラは無言で鏡台の前に座る。
 すると、背後に回ったメイドが櫛を手に取り、寝癖のついた髪を丁寧に直していく。

「本日のご予定ですが、一限目は第一講義室で、二限目は大講義室での授業となっております」

「そう」

 イザベラは興味なさげに呟く。
 今までの彼女は、自ら主体的に行動し、積極的に学を深めてきた。
 しかし、今の彼女からはそういった積極性が全く感じられない。

「イザベラお嬢様、朝食の用意ができております」

「……」

 イザベラは再び無言で席に座ると、黙々と用意された食事を口に運ぶ。
 些細な味の変化にも気づき、隠し味の一つ一つに感動していたイザベラはもういない。
 今はただ機械的に食べているだけだ。

「もういいわ。下げてちょうだい」

「よろしいのですか? まだ残されているようですが……」

「二度言わせないで。下げなさい」

「は、はい。かしこまりました」

 イザベラの高圧的な言い方に、メイドは慌てて皿を下げる。
 そして、入れ替わるように別のメイドがやってきた。

「紅茶をお持ちしました」

「…………」

 イザベラは無言でティーカップを受け取る。
 彼女はひと口飲むと、小さく息を吐いて言った。

「……安い茶葉ね」

「も、申し訳ありません。すぐに替えを――」

「結構よ」

 イザベラはティーカップを傾ける。
 そして、冷めた目つきのまま、紅茶の残りを床にぶちまけた。

「……」

 ポタッポタッと雫が滴り落ちる音だけが部屋に響く。

「掃除しなさい」

「は、はい……」

 まるで傲慢な貴族のようなイザベラの振る舞いに、メイドは怯える。
 イザベラは侯爵家令嬢なので、この態度は必ずしも不自然とまでは言えない。
 だが、長年仕えてきた主人の豹変ぶりに戸惑いを隠せなかったのだった。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く