乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

123話 アリシアの思い

 私は、フレッドとアリシアさんの間に割り込んだ。
 二人は一時的に止まってくれたが、その練り上げた魔力を手放してはいない。

「……イザベラ様? どうしたのですか? そこをどいてください」

 アリシアさんが私に問いかける。
 彼女の声は震えている。
 それは恐怖によるものなのか、それとも怒りによってか。

(どちらにしても、このままじゃいけない)

 私はアリシアさんの目を真っ直ぐに見つめ返す。
 アリシアさんの目つきが鋭くなった。
 彼女は怒っているのだ。
 それはそうだよね。
 自分の想いを傷つけられたのだから。
 私は覚悟を決める。
 ここで誤魔化しても意味がない。
 正直に話そう。

「……ごめんなさい。アリシアさん。私はあなたの気持ちに応えることはできないわ」

 私は謝った。
 これは必要なことだと思ったから。
 アリシアさんの顔色が変わる。

「…………どうして、ですか?」

「………………」

 アリシアさんは答えを求めているようだったが、私は何も言えなかった。
 その理由を説明することはできる。
 でもそれは、今この場で口にするには相応しくない気がする。

「……イザベラ様は、やっぱり男の人が好きなのですね。わたしの告白を断って、あの男を選ぶのですね」

「ち、違うの! それは誤解よ!」

 私が否定すると、アリシアさんは私を見据える。

「……何が違うというのですか? わたしのことが嫌いだと、はっきり言えばいいではないですか!」

「アリシアさんのことが嫌いなわけじゃない。むしろ好ましく思っているわ」

「嘘です!」

 私の言葉をアリシアさんは強く否定した。

「では、なぜわたしを避けるのですか!? わたしが話しかけても、いつもそっけない態度ばかり。せっかく二人きりの約束をしても、いつも誰かを新しく誘っておられますよね? わたしのことなんて興味ないと言わんばかり……」

「そ、それは……」

 確かに、今回の秋祭りでもそうだったかもしれない。
 アリシアさんと最初に約束をしていたのだけれど、新たにフレッドを誘ってしまった。
 言い訳をするならば、ここ最近の私の記憶力の悪化がある。
 何だか、頭の中にモヤがかかったように、記憶があやふやになるときがあるのだ。
 でも、そんな言い訳をしたところで、アリシアさんは納得してくれないだろう。

「それに、イザベラ様の周りにいる男たち! 彼らはみんなイザベラ様に好意を抱いています! よりどりみどりで、イザベラ様もさぞ誇らしいことでしょう!」

「それは違うわ。みんな友達なのよ。みんなで仲良くしましょう?」

「……友達? みんなで仲良く? そんなの偽善です。イザベラ様は本当は、男どもと遊ぶことが好きなんでしょう? わたしと仲良くしてくださったのは、光魔法が物珍しいからなんでしょう!?」

 アリシアさんの負の感情が強まっていく。
 駄目だ、私の言葉では届かない。
 アリシアさんの心の奥底に巣食う闇。
 それは、闇の瘴気によって増幅させられてしまっているようだ。

(アリシアさんも気になるけど……。この場を収めるには、まず――)

 私は次なる手を考え始めるのだった。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く