乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

117話 アリシア参戦

 私はカインに『ファースト・キッス・ヒール』を使用したけれど、実はそれはセカンドキスだった。
 黙っていれば良かったのに、私はうっかり口を滑らせてしまう。

「ど、どういうことだよ! イザベラ嬢!!」

 私とファーストキスをしたと思ったら、実はセカンドキスだったと言われたカイン。
 困惑している様子だ。

「ふ、ふざけるなぁ! どこのどいつだ、俺のイザベラを誑かしたのは!」

「イザベラ殿に限ってそのようなことは……。おそらく、不埒な輩に襲われてしまったのでしょう!」

 私とカインのキスに動揺しつつも、治療行為だったとしてスルーに努めたエドワード殿下とオスカー。
 そこに追い打ちを受け、動揺が極まっている。

「僕だけのイザベラさんだったのに……。許すまじ……」

 静かながらも、闇の瘴気が増大しているフレッド。
 場はシッチャカメッチャカだ。

「み、みなさま、どうか落ち着いてください。私の話を聞いてくださ――」

「イザベラ様」

 必死に場を収めようとする私だったが、そこへ新たな登場人物が現れる。
 それは、見覚えのある一人の少女だった。
 他の誰でもない、アリシアさんだ。
 この『ドララ』世界のヒロインであり、私の親友でもある。
 そんな彼女は、なぜか一人でこちらへと近づいてくる。

「アリシアさん!?」

 私は思わず驚きの声を上げる。
 どうして彼女がここにいるのだろう。

「アリシアさん、あなたどうやってここへ来たの?」

「話は後です、イザベラ様。今はそれよりもするべきことがあります」

 アリシアさんが真剣な表情で言う。
 確かに彼女の言う通り、まずはこの状況を収めることが先決だ。
 エドワード殿下、カイン、オスカーは、とりあえず放っておこう。
 取り乱しているだけだから。
 何よりもまず対処するべきは、フレッドだ。
 闇の瘴気が増幅してしまっている。
 その瘴気は、広がり続けて今やエドワード殿下達にまで及んでいる。
 悪い影響がないといいけれど……。
 まぁ、まずはフレッドが先ね。

「アリシアさんの言う通りだわ。先にするべきことがある。私なんかの光魔法じゃ、あんなに強い闇は祓えなかったの」

 私はアリシアさんにそう説明する。
 いくら『ドララ』の知識を持つ転生者とはいえ、何でもできるわけじゃない。
 光魔法は、頑張って練習してもなかなか上達しなかったのだ。
 ここは正ヒロインの出番である。

「アリシアさん、お願い――むぐっ!?」

 私はアリシアさんに頼もうとしたのだが、それより先に彼女に抱き着かれた。
 そして、そのまま唇を奪われてしまったのだった。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く