乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

113話 頼むから笑ってくれ

 フレッドの植物魔法によって、私、エドワード殿下、オスカーは捕らえられてしまった。
 残るカインがフレッドを追い詰めたのだが、トドメは刺せない。
 二人は友人関係にあるし、フレッドは私の義弟だからだ。
 首筋に剣を突きつけたまでは良かったが、フレッドは諦めたふりをして魔力を練り上げていた。
 カインはそれをまともに受けてしまい、お腹に大きな穴を空けられてしまった。

「てめぇ! よくもカインを!!」

「フレッド! あなた何をしているの!?」

「…………」

 フレッドは無表情のまま何も答えない。
 自分のしたことを理解していないのだろうか?
 闇の瘴気により、正気を失ってしまっているのか……。

「うおおおぉっ! 【覇王闘気】!!」

「【絶対零度】!!」

 エドワード殿下とオスカーが、それぞれ大技を発動する。
 エドワード殿下を拘束していた蔦は引き千切られ、オスカーを拘束していた蔦は凍り付き粉々に砕け散った。
 その余波で、私の蔦の拘束も緩む。

「くっ……」

 フレッドは慌てて植物魔法を再発動させようとするが――

「させねぇよ」

「そこまでです」

 エドワード殿下とオスカーがフレッドの植物魔法を阻止する。

「今だ! 早くカインを治せ!」

「はいっ!」

 私は急いでカインの元に駆け寄り、回復魔法をかける。
 だが、出血が多すぎる。
 とてもじゃないが、助かりそうにない。

「ポーションを……って、ああっ! フレッドに預けていたのだったわ……」

 普段の私は、懐にポーションをいくつか常備している。
 でも、今日は楽しい秋祭り。
 少しでも身軽に動けるようにと、フレッドに預けてしまっていたのだ。
 こんなことなら持っておくべきだった。

(私がもっとしっかりしていれば……)

 後悔先に立たずとはこのことだ。

「ごめんなさい……カイン」

 涙が出てくる。
 どうしてこうなった。
 大切な人を守れない。

「……泣くな……イザベラ嬢」

「えっ?」

 瀕死のはずのカインの声が聞こえてきた。
 その声は弱々しいものだったけど、確かに聞き覚えのある彼のもの。
 カインはゆっくりと目を開けたあと、力を振り絞るかのように言った。

「俺は大丈夫だ……だから泣かないでくれ」

「で、でも……そんなに血が出てるのに……」

「俺のことはいい……。それよりも、イザベラ嬢の無事を確認できてよかったよ。それに、あんたが泣いている姿を見る方がよっぽど辛いんだ。頼むから笑ってくれないか……?」

「カイン……」

 カインは優しい笑みを浮かべながら、震える手で私の頬に触れる。
 私は涙を拭き取り、笑顔を作ったのだった。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く