乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

103話 覚えていますか?

 私はフレッドと共にダンス会場にやって来た。
 すでに多くの人で賑わっている。

「へえ~。去年よりも人が多い気がするわ」

 私は感心していた。
 昨年も人が少なかったわけではないが、今回ほど多くはなかった。
 今年は何かあったのかしら?
 私が疑問に思っていると、フレッドが説明してくれる。

「実は、今年の秋祭りには新たな目玉イベントが追加されたんです。そのせいもあって、例年以上に大勢の人が訪れているのでしょう」

「新たな目玉イベント?」

 私は首を傾げる。

「はい。それは――」

 フレッドが説明しかけたときだった。

「さあ、皆様!! 秋祭りもいよいよ大詰めです。ここで、最後の締めとなるダンスパーティーをお楽しみください」

 司会者らしき人物が声を張り上げて呼びかけている。
 私としては、あまり興味がないのだが、フレッドはそうではないらしい。
 彼は目を輝かせていた。

「姉上……いえ、イザベラさん。僕と一緒に踊りませんか?」

 フレッドが手を差し出し、緊張気味に誘いかけてきた。
 先ほど一度返答しているのだが、こういう様式美だろう。

「もちろんよ。せっかくだし、一緒に踊りましょう」

 私は笑顔で応じた。
 フレッドと二人きりで踊るなんて、いつ以来だろうか?
 小さい頃はよく踊っていたが、最近はそういう機会もなかった。
 そんなことを考えながら、私はフレッドと手を繋ぎ、ダンスエリアの中央へ向かう。

「あら? この曲って……」

 曲が始まり、私はすぐに気づいた。
 この国では有名な恋歌だ。
 恋人たちが愛を囁き合う内容の歌詞となっている。
 フレッドは気づいているのかいないのか、特に反応を見せていない。
 ただ真っ直ぐに前を向いていた。
 私はフレッドの手を強く握り返し、ゆっくりとステップを踏み始める。

「イザベラさん。覚えていますか? 僕の母上を救ってくれた日のことを」

 フレッドは穏やかな声で問いかけてくる。

「ええ。忘れるはずもないわ」

 私の脳裏に蘇るのは、あの日の出来事。
 私とフレッドが頑張って開発したポーションが、彼の母親の病に確かな効力を発揮したのだ。
 自分の頑張りが実って、感動した記憶がある。
 実の母が救われた彼の感動は、それ以上のものだっただろう。
 その頃を境に、彼のシスコンっぷりは加速していったのだ。

「僕は、ずっと貴方に憧れていました。いつも優しく、聡明で、勇敢なイザベラ・アディントンに」

 フレッドの言葉に嘘はない。
 彼の瞳を見ればわかる。
 ただのシスコンと侮っていたが、彼にはそれ以上の気持ちがある。
 私は、ただ微笑み返したのだった。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く