乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

93話 むっきぃ~

 私はアリシアさんとフレッドと共に、秋祭りを回っている。
 二人もそれなりに仲が良さそうで助かった。
 アリシアさんが時々フレッドを凄い顔で睨んでいるのは、気のせいだろう。
 それよりも憂慮するべきは、私の記憶力についてである。
 私が考え込んでいると、二人が食べ物を奢ってくれるという話になった。

「では参りましょう。姉上のお腹が鳴ってしまう前に」

「そうですね。イザベラ様の胃袋は無限大ですし」

 二人は何やら失礼なことを言いながら、屋台に向かっていく。
 そして、それぞれ別々の品を注文した。
 私は、二人の後に続く。
 まず最初に、フレッドが買った串焼き肉を渡された。

「どうぞ、姉上。僕のオススメです」

「ありがとう。じゃあ、いただきます。……うん、すごく美味しいわ」

「でしょう? 実は入念に下調べをして……」

「さっきアリシアさんにも奢ってもらったし、これは私のお気に入りになりそうね」

 私は串焼き肉をペロリと平らげつつ、そう言う。
 屋台とはいえ、いい肉を使っている。
 これならいくらでも食べられそうだ。

「えっ……。い、今なんとおっしゃいましたか?」

「え? 私のお気に入りになりそう?」

「いえ、その前です」

「アリシアさんに奢ってもらっていた?」

「…………」

 フレッドの表情が凍りつく。
 アリシアさんの方はというと、なぜか自慢げな様子だ。

「あれ? どうかしたのかしら? 何か問題でもあった?」

「……いえ、何でもありませんよ。ただ、姉上は食いしん坊だなって思っただけです」

「まぁ、酷いわ。これでも淑女として最低限の嗜みはあるつもりよ」

「ふーん。そうなんですね」

「えぇ、そうよ」

「「…………」」

 私とフレッドの間に妙な雰囲気が流れる。

「まあいいでしょう。それなら、次へ行くだけです。僕の下調べはこんなものじゃありません。また新たに姉上のお気に召す食べ物が見つかるでしょう」

「あら、本当? それは嬉しいわ。ありがとう」

「いいんですよ。僕たちは姉弟ですから。この世界で、互いに唯一のね」

 今度はフレッドがアリシアさんに挑発めいた視線を向ける。
 どうしてそんなことを言うのだろう?
 私とアリシアさんは仲のいいお友達だ。
 こんな謎の挑発でどうこうはならないだろう。
 私はそう思ったけれど……。

「むっきぃ~」

 アリシアさんは何故か怒った。
 何故だろう?
 怒る要素などどこにもなかったはずなのに。

「さて、行きましょう。次はどこへ行きたいですか? 僕はどこでも案内しますよ」

 フレッドは機嫌良く歩き出す。
 その後ろ姿を、アリシアさんが睨んでいたのだった。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く