乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

91話 奇遇ね

 私はアリシアさんからのダンスの申し出を了承した。
 そこまではいいのだが、”ずっと仲のいいお友達でいたい”と言ったところ、アリシアさんが固まってしまったのだ。
 そしてさらに、タイミングが良いのか悪いのか、一人の少年がやってきた。

「姉上! こちらにおられましたか!」

「あら、フレッドじゃない。奇遇ね」

 彼は私の義弟だ。
 それなりに広い秋祭り会場で、偶然出会えるなんて珍しいこともあるものだ。

「……は? えっと、あの……。姉上、それはさすがに酷くありませんか?」

「どういうこと?」

「だって、事前に一緒に回ることを約束していたじゃないですか。それなのに、待ち合わせ場所になかなか来られないので、心配しましたよ」

「……あっ」

 言われてみるとそうだ。
 確かに約束していた。

「ごめんなさい。すっかり忘れてしまっていたわ」

「……いえ、別に構いませんよ。ただでさえ人が多いですからね。迷子になったのではないかと、気が気でなかったです」

「本当に申し訳ないと思っているわ」

 私は素直に謝った。
 何だか最近、約束を忘れてしまうことが多いような気がする。
 私の記憶力はそこまで悪くなかったと思うのだけれど……。
 頭の中に黒いモヤがかかったような感覚があるのだ。

「はぁ……。でも良かったです。姉上の身に何もなくて」

 フレッドが安堵のため息を漏らす。
 本気で心配してくれていたのだろう。
 義理とはいえ、家族なのだ。
 それは当然のことなのかもしれない。

「ありがとう。あなたは優しいわね」

「……ッ! ……そ、そんなことはありませんよ。僕は当たり前のことをしているだけです」

「それでもよ」

「……」

 フレッドは照れ臭そうにしている。
 少し頬が赤くなっている。

「……」

 一方のアリシアさんは、私たちの会話を聞いて呆然としていた。
 一体どうしたというのだろうか。

「あの、姉上。そちらの方はアリシア殿ですよね?」

「ええ、そうね。知っての通り、彼女は私の大切なお友達なのよ。ほら、アリシアさんも挨拶をしてくださるかしら?」

「……」

 アリシアさんは反応がない。
 どこか虚空を見つめているように見える。

「アリシアさん?」

「…………」

「おーい……」

 私はアリシアさんの目の前で手を振る。

「……あ、ああ、すみません。ぼーっとしてしまって。お久しぶりですね、フレッドさん」

 彼女が慌てて挨拶をする。
 この二人は、知らない仲ではない。
 むしろ、多少は深い仲とも言える。
 なぜなら、事故とはいえアリシアさんの下着姿を目撃してしまったのは、他でもないフレッドだからである。

(私の手違いによってそれぞれとの約束を違えてしまったけれど、この三人なら仲良く回れそうかしら?)

 私は反省しつつも一安心した。
 改めて、今日は楽しい秋祭りにしていこう。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く