乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

88話 好きよ

 私はアリシアさんと秋祭りを回っている。
 屋台では食べ物を売っている店が多いようだ。

「イザベラ様、何か食べますか?」

「そうね……。せっかくお祭りに来たのだし、少しだけ買っていきましょう」

 私たちは食べ物を買っていくことにした。

「あの、これください」

 アリシアさんが焼き鳥のようなものを買う。
 串に刺さった肉を炭火で焼いてタレをかけたものだ。

「はいよ。お嬢ちゃんたち可愛いねえ。サービスしておくよ」

 おじさんは私達に二本おまけしてくれた。

「わあっ、ありがとうございます!」

 アリシアさんは嬉しそうだ。
 彼女は入学式の時点で、純朴系の可愛さを持っていた。
 だが、貴族ばかりが通う王立学園においては、華やかさにやや欠けていた。
 そこで私は彼女に化粧やオシャレを教えてあげた。
 今の彼女は、立派なレディだ。
 可愛らしさに加えて美しさも兼ね揃えている。
 噂では、彼女に陰ながら懸想している男子生徒も多いとか。

「イザベラ様もどうぞ!」

「あら、悪いわね。それじゃあ、一ついただくわ」

 私は焼き鳥のような串を受け取る。
 うん、なかなか美味しい。

「んふふ~」

 アリシアさんは幸せそうにモグモグしている。
 可愛いな。

「あれ? 私とアリシアさんのお肉、少し種類が違うみたいね?」

「はい! イザベラ様の方が高いものですね! それに、量も多いです」

 アリシアさんが無邪気に言う。

「…………」

 いや、別にいいんだけど。
 なんかこう、釈然としないものがあるというか。

「どうかされましたか? イザベラ様」

「いえ、昨年のことを思い出してね……」

「昨年ですか?」

 アリシアさんの顔が少し曇った気がした。

「昨年も、エドワード殿下、カイン、オスカー様から大食い扱いされたのよ。まったく、私のような淑女に向かって失礼だと思わないかしら」

「あはは、確かにそれは酷いですね」

「笑い事じゃないわよ、もう。そう言うアリシアさんだって、たくさん食べる方でしょ?」

「うぅ、それは否定できません……」

 アリシアさんは困り顔だ。
 私と彼女はたまに昼食を共にする。
 彼女はとてもよく食べるのだ。

「でも、アリシアさんの食べっぷりは見てて気持ちが良いわよ」

「えぇっ、そんなことないですよー」

 アリシアさんは顔を赤くしながら、恥ずかしげに笑う。

「そんなことあるわよ。……ほら、言っている間にもう全部食べちゃっているじゃない」

「そ、それは……」

「いいじゃない。たくさん食べる子の方が、私は好きよ」

「えっ。そ、それって……」

 アリシアさんは顔を赤らめて俯く。
 私は首を傾げる。
 なんだろう、この反応は。
 まさか、変なこと言っちゃったかな?

「ほら、また次の屋台があるわよ。今度はフルーツね」

「わぁ、本当です! 行ってみましょう!」

 私達は再び歩き始めたのだった。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く