乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

84話 エドワード殿下

 私はカインと共に中庭に向かう。
 すると、そこには先客がいた。

「ふんっ! ふんっ!」

 その人は一心不乱に剣を素振りしている。
 そして、私とカインの気配に気付いたのか、こちらに視線を向けた。

「むっ。イザベラか。それにカインも一緒とは」

「エドワード殿下。ご機嫌麗しゅう」

 中庭にいたのは、エドワード殿下だ。
 彼は次期国王として、様々な科目で優秀な成績を収めている。
 特に秀でているのは座学と防御魔法だ。
 しかしそれ以外の科目も決して不得意というわけではない。
 むしろ、生徒全体から見ればかなりの上位に位置する。
 剣術においても、学年最強のカインに次ぐレベルだったはずだ。

「なぜお前たちがここにいる?」

「はい。私が休憩をしておりましたところ、カインに剣術を見て欲しいとお願いされまして」

「ほう。なるほどな」

 エドワード殿下は納得したように呟くと、鋭い眼差しを私に向けた。

「イザベラ。俺を差し置いて、カインと二人きりで逢瀬を楽しむとはな」

「えっと……、エドワード殿下。私は別にそのようなつもりでは……」

「ふん。まあいい。それよりも、カインよ。イザベラに剣の腕を見せるというのはいい考えだぞ。ちょうど、俺もイザベラに剣技を披露しようと思っていたのだ」

「おう。エドも頑張ってるもんな。ま、第三学年の剣術主席の俺ほどじゃねぇけどよ」

 私は第二学年、エドワード殿下とカインは第三学年だ。
 その第三学年の剣術における主席はカインで、それに次ぐのがエドワード殿下ということになる。

「ちっ。俺には魔法や座学もあるんだ。剣術だけで俺の上に立ったと思うな!」

「へぇ~。エドがそこまで上下に拘るなんて珍しいじゃねぇか。やっぱりイザベラ嬢の前だからか? 王子様でも嫉妬するんだな。意外だよ」

「…………」

「おいおい。冗談だってば。そんな怖い顔すんなよ」

 エドワード殿下とカインの間に不穏な空気が流れる。
 この二人、仲が悪い印象はなかったけど……。
 学園内で遠くから見かける時は、いつも和やかに会話をしていたはずなのに。
 どうして急にこんなことに?

「あの、エドワード殿下。私は気にしておりませんので、どうかお気を鎮めてくださいませ」

 私は慌てて口を挟んだ。
 エドワード殿下とカインが争う姿なんて見たくない。

「……ふん。小さなことで目くじらを立てていては、次期国王としての器が小さいと思われるかもしれぬしな。まあ、今回は大目に見てやる」

「へいへい。ありがとよ。にしても、イザベラ嬢は優しいなぁ。さすが俺の女神だぜ」

「女神だと? ふざけるな。イザベラは俺の妻になる女だ」

「だから、それはイザベラ嬢が自分で決めることだろ?」

「あの、えっと……」

 私は口論する二人に挟まれて困ってしまう。

「いいだろう! ちょうどイザベラもこの場にいるのだ。彼女に剣術を見せ、選んでもらうとしようではないか」

「そりゃ、望むところだぜ。それでこそ、決闘って感じだしよ」

「ふっ。お前に負けるつもりはない」

「こっちのセリフだ」

 二人の視線が激しくぶつかり合う。

(また二人で試合をするのかしら?)

 そう言えば、去年も似たようなことがあったなぁ。
 あの時はオスカーもいて、三つ巴の戦いだった。
 今回はどんな結果になるのかな?

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く