乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

82話 たった一人の可愛い弟

「うーん、うーん……」

 私は考え込んでいた。
 そして、名案を思いついた。

「フレッド、いいことを思いついたわ」

「……また変なことじゃありませんよね」

「失礼な! 今回はちゃんとした提案よ」

「……聞きましょう」

 フレッドが半信半疑の様子でこちらに視線を向ける。

「私はフレッドと回るじゃない? それを理由に他の三人を断ればいいのよ。私がフレッドと回ることになれば、自然とお断りできると思うのよ」

「僕の名前を出すわけですか。それで大人しく引き下がってくれるでしょうか? お三方は、僕にも一定のライバル心を抱いておられるようでしたが……」

「ライバル? 確かにフレッドは今年の新入生の中でも飛び抜けて優秀だし、先輩である三人も一目置いているみたいだけれど……」

 私は首を傾げる。
 フレッドは、毒関連の知識やポーションの調合技術に長けている。
 その上、剣術や格闘術、魔法なんかも高いレベルにある。
 入学試験では主席合格。
 その実力は折り紙つきだ。
 三人がフレッドのことを気にかけているのも分かる。
 だけど、ライバルというのは言いすぎな気がする。

「だって、僕は姉上のことが好きなんですよ? 同じ女性に思いを寄せている男として、三人の方々が僕をライバル視するのは当然のことでは?」

「ああ、そういう意味か……。うんうん、私もフレッドのこと大好きだよ」

「ほ、本当ですか!?」

「もちろん! たった一人の可愛い弟だもの!!」

 私は満面の笑みで答える。
 フレッドの反応は……。
 あれ?
 これはどういう表情だ?

「大好き……。可愛い弟……」

 彼の中で何か葛藤しているようだ。
 何だろう、この反応は?
 まあ、とりあえず、これで問題解決の方向性が見えた。
 後は、エドワード殿下、カイン、オスカーに断りの手紙を出しておくだけだ。

「三人とも、家族水入らずの時間を邪魔するほど野暮ではないはず……。去年は一緒に回ったし……」

 私はそんなことを考えながら、手紙を書き始める。

「あれ? 何か忘れてるような……?」

「どうかなさいました?」

「いや、何でもないよ」

 うーん、何だったかな。
 大切なことだったような気もするけど……。
 そう、下手をすればバッドエンドに繋がるほどの重大なイベントを……。
 思い出せ、私の脳細胞!!

「あっ。姉上、そこの記載内容ですが、僕のことを最愛の弟だと強調しておいてください。王家や貴族家の家紋入りのお誘いを断るにあたって、少しでも印象を良くしておくべきですからね。僕たちは姉弟なんですから!」

 フレッドがどこか吹っ切れたような表情でそう言う。

「うん、分かったよ。任せておいて」

 私はフレッドに笑顔で返す。
 手紙の方に意識を向けた私は、何かを忘れてしまっていること自体を忘れてしまったのだった。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く