乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

80話 相談

 私はフレッドからも秋祭りに誘われてしまった。
 先約のアリシアさんのために、ここは断らないといけない。

「どうです? 気分転換になると思いませんか?」

「ごめんなさいね。実は、そもそも悩んでいたのは秋祭りのことなのよ」

「……はい?」

「だから、秋祭りに誰と行くかで迷っていたのよ。ほら、三通もの手紙をいただいてしまってねぇ……」

「…………」

 フレッドは口をポカンと開けていた。

「こ、これは……。エドワード殿下、カインさん、それにオスカーさんですか。しかも、それぞれ家紋の入った正式な書式で……。なるほど、これが俗に言うモテ期というものですね」

「え? 違うわよ? モテてるんじゃないわ。秋祭りに誘われているだけだし……」

「それはモテているのと同じです!!」

 フレッドは興奮気味に叫んだ。

「家紋付きの手紙で誘われていることの意味を、姉上も分かっておられるはずでしょう? つまり、婚約者として選ばれたいということですよ! 姉上も、それで悩まれていたのではありませんか? 」

「…………」

 私は黙り込んでしまった。
 この手紙を受けて、誰か一人を選ぶ。
 それは、表面的には秋祭りのパートナーを選ぶだけの話だけど、ゆくゆくは大きな意味を持ってくるだろう。
 私は、その選択を誤るわけにはいかないのだ。

「そ、そうよね……。うん、分かったわ。やっぱり慎重に考えないとね。じゃあ、今日のところは帰りなさい。また改めて相談させてもらうから。フレッドも忙しいでしょ? 私なんかに構っていないで自分の用事を済ませてきなさい!」

 私は、弟を追い返そうとした。
 こういうデリケートな悩みは一人で考えるべきだろう。
 だが、彼は首を横に振る。

「いえ、今日は休みなので問題ありませんよ。それよりも、せっかくこうして居合わせたのですから、もっと話を聞かせてください! 僕だって、姉上の力になりたいんですよ。同じアディントン侯爵家ではありませんか。遠慮せずに何でも言ってください!」

「……」

 確かに、私とフレッドはアディントン侯爵家の姉弟だ。
 姉弟は力を合わせるべきという綺麗事だけでなく、侯爵家の方針を決める上でも彼の意見は参考になる。
 もちろん、お父様には相談の手紙を別途出してはいるけれど……。
 果たして、秋祭りまでにお父様からの助言の手紙が届くかどうか。

「……本当にいいの?」

「はい!」

「でも、相談したところで……。あっ! いいことを思いついたわ!」

「姉上?」

 私は名案を思い付いた。
 フレッドに話してみることにしよう。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く