乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

65話 どこか遠くへ

 魔物を運んでいたオスカーが腰を痛めてしまった。

「無理するからです。オスカーさん」

 アリシアさんが呆れたように言う。
 彼女もなんだかんだいって、オスカーのことを気に掛けているのだと思う。

「本当にそうですわよ。伯爵家の方が力仕事で腰を痛くしてしまっては、笑い話にもなりませんわ」

 私はそう注意する。

「申し訳ありません……。イザベラ殿の前だからと張り切ってしまって……」

 オスカーは恥ずかしそうに言った。

「えっ? 私の前だから?」

 私が首を傾げると、オスカーはハッとした顔になった。

「あ、いや……、その……」

 彼は困った様子で視線を逸らす。
 そして、少し照れたような表情で続けた。

「アリシア殿は、エドワード殿下やカイン殿と仲がよろしいではありませんか。それに、今年度入学したフレッド殿とも。私などよりも、よほど親しくされているご様子。ですから、イザベラ殿がどこか遠くへ行ってしまわれたような気がして……」

 オスカーは顔を赤くしながら、そんなことを言ってくれた。

「オスカー様……」

「それで、つい焦ってしまったのです。イザベラ殿に振り向いてもらおうと、必死に努力をすればするほど空回りしてしまいまして……。その結果がこれです。まったく、情けない限りです。こんなことならば、肉体ももっと鍛えておくべきでした」

 オスカーは自嘲気味に笑みを浮かべた。
 彼の気持ちを聞いて、胸の奥が温かくなっていくのを感じた。
 私は嬉しかった。
 これほどまでに真っ直ぐに好意を伝えてくれる人がいたことに。
 でも、同時に困惑も感じていた。
 ここで対応を誤れば、バッドエンドルートまっしぐらだ。
 慎重に言葉を選ばなくてはならない。

「ありがとうございます、オスカー様。私は遠くになど行きませんよ。今はただ、王立学園で自らを高めるために勉強をしているだけです。殿方と将来を約束することは、まだ考えられません。これからも良きお友達としていていただけると幸いです」

 私は微笑んで答える。
 すると、オスカーは少し複雑そうな表情をしながらも、静かに微笑んだ。

「わかりました。焦ってもいいことはありませんね。やはり、自らの適性と相談しながら頑張るべきです。力仕事はエドワード殿下やカイン殿に任せることに致しましょう」

「ええ。それがよろしいですわ。オスカー様には氷魔法があるのですから」

 私はそう言う。
 適材適所だ。
 オスカーは氷魔法。
 カインは剣術と身体強化魔法。
 フレッドはポーションや毒物の取り扱い。
 アリシアさんは光魔法。
 エドワード殿下は各種属性の防御魔法と『覇気』。
 それぞれ得意分野が異なる。
 わざわざ不得手なことをする必要はないのだ。

コメント

コメントを書く

「恋愛」の人気作品

書籍化作品