乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

64話 こ、腰がぁ……

 オスカーが【アイスアーマー】を発動した。
 副次的な効果により、彼の身体能力は少し増しているはずだ。

「よし、行きますよ! ふんぬぅ!!」

 オスカーが掛け声とともに、魔獣を持ち上げた。
 知的な彼には似合わない掛け声が聞こえたけど、今は指摘しないでおく。
 そのままオスカーは、魔獣を肩に担いで歩き出した。

「すごいですわ! オスカー様」

「意外にやりますね。インテリぶっているだけの男ではないということですか」

 アリシアさんは結構毒舌だなぁ。
 いや、これはこれで喜ばしい変化なのかな?
 少し前までは、男性と関わることすら避けていたからね。
 男性に慣れてきているのかもしれない。

「よっ。ほっと」

 オスカーが一歩ずつ進んでいく。

「さすがですわ。オスカー様」

 私は褒め言葉を口にする。

「このくらい、大したことありませんよ」

 余裕そうな口ぶりだけど、相当ギリギリなようだ。
 息切れしているし、足取りもおぼつかない。

「オスカー様、ご無理をなさらずに」

「いえいえ。無理なことなど何もありません。本気を出しますよ。はあああぁっ!」

 オスカーがさらに魔力を開放する。
 出力を上げた分、多少は余裕ができるだろう。

(……あれ?)

 今、少しだけど『覇気』を感じたような。
 気のせいかな?
 あれは基本的に王族しか使えない技だ。
 『ドララ』の知識と経験がある私は例外的に使えるけど。

「ふっ! ぬぅんっ!!」

 オスカーが似合わない掛け声と共に一歩一歩進んでいく。
 うん。
 凄いのは確かなんだけど、明らかに無理しているよね。
 普段から肉体も鍛えているエドワード殿下やカインならまだしも、魔法系のオスカーでは限界がある。

「…………」

 アリシアさんは心配そうに、オスカーを見つめている。
 彼女は男性に免疫がなく、その上何故か敵視さえしているようだけれど、根は優しい子だ。
 このまま放ってはおけないのだろう。

「あの、せめてわたしも手伝い……」

 アリシアさんがそう言い掛けた時だった。
 ピキッ!
 嫌な音が響く。
 同時にオスカーの顔色が変わった。

「うぐっ!? ぐはああぁっ!!」

 彼が悲鳴と共に崩れ落ちた。
 魔獣の死体は地面に落ち、ドスンという音を立てる。

「オスカー様!」

 私は慌てて駆け寄る。

「だ、大丈夫ですか?」

「こ、腰がぁ……」

 どうやらオスカーは、腰を痛めてしまったようだ。
 まぁ、これだけ大きな荷物を運べば当然か。
 それにしても、なんて情けない。
 オスカーの将来が不安になる光景だ。
 いや、私たちのために頑張ろうとしていたのは理解しているので、責める気はないのだけれどね。

コメント

コメントを書く

「恋愛」の人気作品

書籍化作品