乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

59話 魔獣

「ううーん……。いいお天気だなぁ……」

 私は背伸びをして、気持ちの良い空気を胸いっぱいに吸い込んだ。
 王都からほど近い場所にある森の中。
 私達三人は、現地訓練中だ。

「はい、絶好のお出かけ日よりです。今日は本当に良かったです」

 アリシアさんが同意してくれる。

「薬草採取の依頼も上手くいきましたしね」

 オスカーが微笑みながら言った。

「そうね。これもアリシアさんとオスカー様のご協力のおかげですわ」

「そんなことはありませんよ。全てイザベラ様の力によるものではありませんか。わたしなんて、教えていただいた場所で採取しただけですもの」

「ううん。アリシアさんの手際の良さがなければ、ここまで集めることはできなかったわ」

 私はアリシアさんの言葉を否定する。
 入学試験の順位は、私が主席で、オスカーが次席。
 アリシアさんはかなりギリギリの合格だったはず。
 でも、ここ最近の努力もあって、今では私やオスカーの次くらいに優秀な生徒となっている。
 それに、アリシアさんは『ドララ』での主人公だからね。
 きっと何か特別な才能を持っているに違いない。

「ふふっ。そう言ってもらえると、わたしも嬉しいです。イザベラ様に少しでも近づけるように頑張ります!」

 アリシアさんの笑顔につられて、私も自然と笑ってしまう。
 ああ……なんて可愛いのだろう。
 こんなに可愛い女の子と一緒に過ごせるなんて、なんて幸せ者なんだ。
 私は心の中でガッツポーズをした。

「ふふふ。アリシア殿は本当にお元気ですね。……おや?」

 オスカーが声を上げる。

「どうかなさいまして? オスカー様」

「いえ。あちらの茂みの辺りが揺れているように見えて。ちょっと見てきます」

 そう言うなり、彼はスタタタッと駆けていった。

「まあ! わたしも行きます!」

 アリシアさんもそれについて行く。

「二人とも気をつけてくださいませ」

 私はハラハラしながら見守る。
 だって、ここはゲームの世界。
 どんな危険があるのかわからない。

「グルルアァッ!!」

 すると、突然唸り声が上がった。

「アリシア殿! 下がってください!!」

 オスカーの声。

「こ、これは!?」

 続いて聞こえたのは、驚愕するアリシアさんの声。
 一体何が起きたというの?
 嫌な予感が全身を包み込む。
 私は急いで二人の下へと走った。

「どうしましたの!?」

「イザベラ様!! 逃げてください!!!」

 アリシアさんが叫ぶ。
 彼女の視線を辿ると、そこには一頭の巨大な熊がいた。

「グオオォオオッ!!!」

 ビリビリと大気を震わせるような雄叫びを上げ、こちらに向かって突進してくる。

「くっ……!!」

 私はとっさに避ける。
 ギリギリで回避に成功した。

「何でこんなところに魔獣がいるのよ!?」

 思わず叫んでしまう。

「おそらく、どこかから迷い込んできたんだと思います。普段は人里離れた山奥にいるはずなのですが……」

 オスカーが冷静に答えた。

「とにかく、今は逃げることが先決です。わ、わたしが囮になりますので、イザベラ様達は早くここから離れてください!」

 アリシアさんが震える声でそう提案してきたのだった。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く