乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

50話 花火

 エドワード殿下にお姫様抱っこされて、私達は人気のない場所までやって来た。
 彼は私の顔をじっと見つめてくる。

「……」

 何だろう?
 すごく視線を感じるんだけど……。

「あのぉ……どうしました?」

「いや、綺麗だと思って」

「……っ!」

 またそんなこと言って!
 まったく、王子ともなると口説き文句まで一級品だ。

「そ、そういえば、今日は何で祭りに来たんですか?」

 話題を変えよう。
 このままだと、恥ずかしくて死んでしまいそうになる。

「それは、もちろんイザベラとの思い出を作るためだ」

「へっ!?」

「俺はイザベラのことをもっと知りたい。そして、お前と楽しい時間を共有したいと思っている。だから、こうして一緒に行動しているんじゃないか」

「えぇっと……」

 なんと返せばいいのか分からない。
 こんな歯の浮くセリフを平然と吐けるなんて、この王子は相当なプレイボーイだな。
 でも、まぁ、私としては悪い気はしないけどね。
 …………。
 ………………。
 うーん、でも、なんか違う気がする。
 私が好きになったのは、こういう感じじゃない。
 私が求めているのは、もっとこう、情熱的で心の底から通じ合えるような関係であって、決してチャラ男とのお遊びではないのだ。
 乙女ゲームで色々な攻略対象との疑似恋愛を楽しんできた私だが、実際に付き合ったりするとなるとまた違う気持ちを抱く。

「ありがとうございます、エドワード殿下。その気持ちはとても嬉しいです。ですが、申し訳ございません。まだ自分の気持ちがよく分からなくて……」

「別に今すぐ答えを出す必要はないさ。王家からの婚約の打診を断るとは不敬もいいところだが、他ならんイザベラだからな。少しずつでいいんだ。お前のペースで考えてくれればいい」

 エドワード殿下はそう言ってくれたが、果たして本当にいいのだろうか?
 私がこの世界でイザベラとして生き始めてから、ずっとバッドエンド回避のことばかりを考えてきた。
 なのに、男の人との未来を考えても大丈夫なのか?
 それに、仮に彼と婚約したとして、私は彼を愛することができるのだろうか?
 正直なところ、自信はない。

「すみません」

「謝る必要などない。俺だって急かすつもりはなかったのだから」

「いえ、そういうわけではなくて……」

「ん?」

「実は私、今まで恋をしたことがないのです」

「そうなのか?」

「はい。ですので、自分がエドワード殿……エドワード様に抱いている感情が何なのかもよく分かりませんでした。ただ一つ言えることは、あなたと一緒に過ごす時間は悪くないということだけです」

「ふむ、そうなるとやはり婚約ということになるのだが……」

「あっ、違いますよ。あくまで友人としての好意という意味です。それに、カインやオスカー様にも同じ想いを抱いていますし」

「……そうか……。まあ、今はそれで構わん。それより……」

 エドワード殿下がそこまで言った時だった。
 ヒュルルルーという音が聞こえたかと思うと、突如ドーンッと大きな音を立てて夜空に大輪の花が咲いた。
 花火だ。

「おおっ、綺麗ですね」

「ああ、そうだな」

 二人で見上げた夜空には、色とりどりの大輪が咲き誇っていた。
 その美しさに思わず見惚れてしまう。
 しかし、私はあることに気が付いた。
 それは、エドワード殿下の顔だ。
 彼の顔を見てみると、なぜか頬を赤く染めていた。
 あれ?
 もしかすると……照れてる?

「どうしましたか?」

「いや、何でもない」

「そうですか?」

「……」

「……」

 しばらくの間、無言の時間が続く。
 花火の音、そして私達の心臓の鼓動だけが鳴り響いていたのだった。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く