乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

39話 秋

 王立学園に入学して、半年ほど経ったある日のこと。

「イザベラ様~!」

 アリシアさんが駆け寄ってくる。
 彼女はとても素直で良い娘だ。
 『ドララ』では悪役令嬢イザベラを断罪した彼女だが、今の彼女にそのような気配はない。
 むしろ、私の後ろをちょこまかと付いてきて、まるで雛鳥のように慕ってくれる。
 そんな彼女を見ていると、ついつい庇護欲が刺激される。

「あら、アリシアさん。どうしたの?」

「実は、イザベラ様に教えて欲しいことがありまして……」

「私に分かることだったら、何でも聞いてちょうだい。でも、その前に……」

 私は彼女の手を優しく取ると、回復魔法をかける。

「これでよしっと。アリシアさんの手が荒れていたから」

「あ、ありがとうございます。イザベラ様の手はいつもスベスベで綺麗ですねー。わたしなんか、すぐにガサガサになっちゃいます」

「ちゃんとケアすれば、これくらいすぐに戻るわよ。今度、保湿クリームの作り方を教えてあげるわ」

「本当ですか!? 嬉しいです」

 アリシアさんの顔がパァッと輝く。
 彼女の素材は悪くないのだが、いかんせん美容関係に疎い。
 この半年間で化粧の技術は最低限教えてあげることができたけど……。
 他はまだまだだね。
 こりゃ今後も目が離せない。
 ま、それはそれとして……。
 私は笑顔を浮かべると、そのまま話を続けた。

「それで、聞きたいことというのは?」

「えっと、あの、その……」

 アリシアさんが顔を赤らめながらモジモシしている。

「遠慮せずに言ってみて」

「じゃ、じゃあ、イザベラ様。今度の秋祭り、どなたかと行かれる予定はあるんですか?」

「秋祭り? ああ、もうそんな時期かぁ」

「はい、もうすぐです」

「そうねぇ……」

 私は少し考えると、口を開いた。

「今のところは特にないわね」

「そ、そうなのですか。良かったです」

 アリシアさんはホッとした表情を見せる。

「私も誰かと行きたいと思っているんだけどね。誘える相手があまりいないのよ」

 私はバッドエンドを回避するために、できるだけ多くの人と親しくなりたいと思っている。
 いざ断罪イベントが発生した時に、助けてもらえる人が欲しいからだ。
 しかし、現実問題として、そこまで親しくなった人はなかなかいなかったりする。
 女生徒で親しいのはアリシアさんくらいかな。
 男子生徒なら、エドワード殿下、カイン、オスカーあたりだ。
 でも私は、ヒロインのアリシアさんと彼らとの仲を邪魔するつもりはない。
 予知夢で見たようなバッドエンドはまっぴらごめんだからだ。
 そのため、彼らとも必要以上に仲良くしないようにしている。

「で、では、イザベラ様! ぜひわたしと……!」

 彼女がそう言った瞬間だった。

「おお! ここにいたか、イザベラ!」

 エドワード殿下がこちらに向かってくる。

「エドワード殿下。どうされましたか?」

 アリシアさんとの話の途中だったけど、王子様から話し掛けられて無視するわけにはいかない。
 私はすぐさまエドワード殿下へと向き直った。

「いや、ちょっと用があって探していたのだ。話を遮ってしまったようで申し訳ないな。ええと、君はアリシア・ウォーカーか」

「え、えっと……。あの、はい……」

 アリシアはエドワード殿下に怯えているのか、私の後ろに隠れてしまった。
 私は彼女の頭を撫でて落ち着かせる。
 彼女の父はウォーカー男爵だが、母親は使用人。
 この王立学園に入学することが決まるまでは、ずっと平民として暮らしてきた。
 まだまだ貴族に溶け込めていないし、ましてや王族のエドワード殿下とはまともに話すらできない。
 どうしてこうなった?
 『ドララ』では、今頃少しずつフラグを立てて恋心が育っていくところなのに。

「それで、殿下のご用事とはなんでしょうか?」

「うむ。実はな……」

 エドワード殿下が口を開く。
 こういう何気ない会話に、バッドエンド回避のヒントが隠されていないとも限らない。
 私は彼の言葉を集中して待つのだった。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く