乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

33話 忠告【アリシア視点】

「ううっ……。ひどいよぉ……。やっぱり、わたしなんかじゃ無理だよぉ……」

 わたしは、校舎の裏で座り込んでいた。

「貴族の皆さん、怖すぎる……。わたしが何をしたって言うの……?」

 入学式の当日を迎えて、少しはしゃいでしまったのは事実だ。
 だけど、それだけであんな風に言われるなんて思ってなかった。

「もう、やだぁ。帰りたいよう」

 ママに楽をさせたかっただけなのに。
 ただ、ママに喜んでもらいたかっただけなのに。
 どうして、わたしはいつもうまくいかないんだろう。
 村でも、鈍くさいわたしは、みんなの足を引っ張っていた。
 たまたまわたしに魔法の適性があることが判明して、いつの間にかこの王立学園への入学手続きが進められていたのだ。

「このまま帰っちゃおうかな……」

 そんな考えが頭をよぎった時、不意に声がかけられた。

「こんなところで何をしているのですか? …………アリシア・ウォーカーさん」

「ひゃあっ!?」

 わたしは驚いて飛び上がった。
 振り向いた先に立っていたのは、一人の少女だった。
 美しい顔立ちの少女で、高貴な雰囲気を纏っている。

「ごめんね、驚かせるつもりはなかったのだけど……。私は、イザベラ・アディントンというの。イザベラと呼んでくださいね」

「はい、イザベラ様……」

 この人が貴族の中でどれくらい偉い人なのかは知らないけれど、たぶんかなり偉い人だ。
 雰囲気でわかる。
 思わず様付けで呼んでしまった。

「それで、アリシアさんはなぜここにいるのかしら? もうすぐ入学式が始まるわよ?」

「それは、その……」

 わたしは言葉に詰まってしまった。
 正直に話すと、また怒られるかもしれない。

「そろそろ講堂に向かった方がいいのではないかしら?」

「はい……」

「それと、私からも一つ忠告をさせてもらうわね。そのスカート丈は、あまり感心できないわ。貴女はまだ子供なのだし、もう少し長い方が可愛らしく見えると思うの。それに、髪飾りも付けていないみたいね。せっかく綺麗な髪をお持ちなんだから、きちんと手入れをしなくては駄目よ。化粧も覚えなさい。素材はすごくいいわ。そばかすさえ消せば、あなたは絶世の美女にだって見えるわよ」

「……はい」

 わたしは素直に返事をした。
 なぜかわからないけど、この人の言うことは正しいと思ったから。

「いい子ね」

 イザベラ様は微笑んでくれた。

「ほら、これを使いなさい。涙は人前では流さないものよ」

 そう言って、イザベラ様はハンカチを手渡してくれた。

「あ、ありがとうございます」

「いえ、気にしないで」

 イザベラ様は優しく笑みを浮かべる。
 そして、そのまま踵を返した。

「あ、あの!」

 わたしは思わず呼び止めてしまった。

「どうしたのかしら?」

 イザベラ様は不思議そうな顔をする。

「イザベラ様はどうして、わたしに声をかけてくれたんですか? わたしなんて、半分は平民の出ですし、全然貴族っぽくないし……」

 わたしの言葉を聞いたイザベラ様は、ふっと表情を和らげた。

「別に大したことじゃないのよ。ただ、あなたがとても悲しげな目をしていたものだから、放っておくことができなかっただけ」

「え?」

 わたしは、自分がどんな目をしていたのか想像できなかった。

「それじゃあ、私は行くから。あなたには期待しているわよ。アリシアさん」

 そう言って、イザベラ様は去って行った。
 わたしは慌てて立ち上がり、その後姿を見送った。

「イザベラ・アディントン……様」

 名前を口にすると、不思議と勇気が出てきたような気がした。

「わたし、頑張ります!」

 貴族様にも、あんな素敵で優しい人がいるなんて。
 イザベラ様のように素敵な女性になりたいと、わたしは思った。
 そのために、それにママのためにも、この王立学園で頑張らないと。
 わたしはそう決意したのだった。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く