乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

31話 王家の秘術

 少し大きめのゴブリンを魔法で吹き飛ばしてあげた。
 私は、目の前で呆然としているエドワード殿下に話しかける。

「お怪我はありませんか、エドワード殿下」

 私が問いかけると、エドワード殿下はハッと正気に返ったようで、私の方に視線を向けた。

「イザベラ? なぜここにいる!? ……ああ、そうか。これは幻か。最後に見る幻覚にしては悪くないな。イザベラ、君にもう一度会えて嬉しいよ。できることなら、この気持ちをずっと伝えておきたかった。愛してるぞ、イザベラ。お前のことが誰より……」

 エドワード殿下は頬を赤らめながら私を見つめてくる。

「あの、エドワード殿下。申し訳ないのですが、私は幻覚ではありませんわ。ほら、ちゃんと触れられますでしょう?」

 私はエドワード殿下の手を取り、自分の体に持っていく。
 すると、彼はビクッと震え、顔を赤く染め上げた。

「イザベラ……。本物? ……いや、すまない、少し取り乱してしまったようだ。改めて礼を言わせてもらう。ありがとう、助かったよ」

「いえ、お気になさらないでください。それよりも、どうしてこんなところに一人で? 護衛の方々はどうされたのですか?」

「護衛兵達は逃した。王家の秘術を使うには邪魔だったからな。ま、肝心の秘術は失敗してしまったのだが……」

 殿下が自嘲気味に笑う。

「秘術? ああ、『覇気』のことですね。エドワード殿下は『覇気』を習得されていたのですか。すごいです!」

「いや、だから失敗して……。ん? いや待て、なぜお前が覇気のことを知っている?」

 エドワード殿下の顔つきが変わる。

「あっ……」

 うっかりしていた。
 私が覇気という秘術を知っているのは、『ドララ』で見たからだ。
 アリシアさんとエドワード殿下の通常ルートでは覇気の出番はない。
 でも、エドワード殿下、フレッド、カイン、オスカーの四人全ての通常ルートを攻略した後に現れる隠しルートで、とある強敵と戦う際にエドワード殿下が覚醒するのだ。
 もちろん、本来であれば今の私が知っているはずがない。

「あ、えっと……。その……」

「イザベラ。正直に答えてくれないか。なぜ知っている?」

「……私は魔法の才能があるようなのです。それで、色々と研究しておりまして、その過程で偶然、覇気について知った次第です。決して王家の秘密を暴こうとしたわけではありませんので、どうか信じてください」

 必死になって弁明をする。
 エドワード殿下がじっと見つめてきた。

「……わかった、信じることにしよう。それにしてもイザベラはすごいな。独学でそこまでの知識を身につけているとは……。さすがはイザベラだ」

 エドワード殿下が感心したように言う。
 よかった、どうにか誤魔化せたみたいだ。

「だがな、覇気を知っていることを簡単に口外するなよ。陛下の耳に入れば、最悪は……」

「最悪は?」

「口封じのために消されるかもしれん。何しろ、覇気を知っている者はこの国で王族のみなのだから」

「……っ!?」

 背筋に冷たいものが走る。
 まさか、そんな危ない力だったなんて!
 ゲームの中では、王族に伝わる強力な秘術としか言及されていなかったのに。

「ま、イザベラが私の婚約者になれば、そんな心配は無用なのだが。お前自身が王族になるわけだからな」

「えっと……。それって、もしかして脅しでしょうか?」

「その通りだ。お前がいつまでも婚約を拒否するなら、陛下に告げ口してお前を……」

「…………」

 物騒なことを言い出すエドワード殿下に対し、私はついジト目を向けてしまう。

「すまん。冗談だ。お前の愛は、正攻法で手に入れてみせよう。こんな卑怯な手は使わないさ」

「それはよかったです。……おや?」

 視界の隅で、何かが動いた。

「グギャアアアァッ!!」

 ゴブリンキングだ。
 さっきの攻撃で倒しきれていなかったのか。
 私としたことが、力加減を誤っていた。

「……っ! イザベラ、ここは逃げ……」

「【天剣斬】」

 エドワード殿下が何かを言っていたが、私はそれを遮るように魔法を発動させる。
 そして、そのまま無造作に剣を振るった。
 次の瞬間、ゴブリンキングの首が宙を舞う。

「ふう、これでよし」

「……………………」

 エドワード殿下が唖然としている。

「あら? エドワード殿下、どうされましたか?」

「イ、イザベラ……。今のは覇気だろう……? な、なぜお前が使えるんだ……?」

「あっ……」

 またやってしまった。
 あの近距離からの攻撃を迎撃するには、魔法よりも覇気スキルの方が便利なんだよね。
 つい、いつもの癖で使ってしまった。

「てへっ」

「てへっじゃないだろ! どういうことだ! 知っているだけならまだしも、一体どうやって覚えた!」

「えーっと……。それは秘密です。乙女の秘密です」

「そんな言い分が通用するとでも……」

「エドワード殿下なら、黙っていてくれますよね? もし告げ口なんかされたら、私、困ってしまいます。せっかく助けてさしあげたというのに、エドワード殿下には失望してしまいそうですわ」

「ぐぬぅっ」

 私がわざとらしく悲しそうな顔をすると、エドワード殿下は悔しげに歯噛みをした。

「くそぉっ、ずるいぞ、イザベラぁ~。俺だって、俺だってなあ、イザベラにもっと頼られたいし、役に立ちたいんだよ~」

「……」

 子供のように駄々をこねるエドワード殿下を見て、ちょっとだけ胸がきゅんとする。
 ……なんだこれ?
 ……これがギャップ萌えというものだろうか?

「わかりました。エドワード殿下の気持ちはよく伝わりましたよ。では、今度教えて差し上げますよ。もちろん、他の邪魔が入らないところでね」

「本当か!? 約束だからな! 頼んだぞ!!」

 エドワード殿下が満面の笑みを浮かべる。
 こうして私は、エドワード殿下に覇気を教えることになってしまったのであった。
 その後、私の護衛兵と合流したり、エドワード殿下の護衛兵が怪我をしていたので治療してあげたり、ゴブリンキングの死体を回収したりして、ようやく元の旅路に戻ることができたのだった。

コメント

コメントを書く

「恋愛」の人気作品

書籍化作品