乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

29話 ゴブリン退治

「大地よ、我が呼びかけに応えよ。その力をここに示し、敵を穿つ槍となれ。【ストーン・ジャベリン】!」

 岩の槍がゴブリンを貫く。

「水よ、我に仇なす者を貫く弾とならん。【ウォーター・ショット】!」

 水の弾丸が、別のゴブリンを撃ち抜く。

「……こんなものかな? とりあえず、村の近くにまで来ていたゴブリンは倒したよ」

「「「…………」」」

 私の魔法を見て、村の人達や護衛兵達は唖然としている。

「……お見事です、イザベラお嬢様」

 護衛兵の隊長が褒めてくれた。

「しかし、魔法をお使いになられるのは知っておりましたが、まさかこれほどとは……。以前拝見しました際には、もう少し威力が低かったような……」

「以前って?」

「エドワード殿下がアディントン侯爵領をお訪ねになられた時です。イザベラお嬢様がポーションの作成を実演なされて……」

「ああ、あの時か。もう四年も前じゃない。そりゃ、私だって成長するよ」

 私は平然とそう答える。
 私がバッドエンドの予知夢を見たのは七歳の時だ。
 『ドララ』の知識を活かして魔法の鍛錬や畑仕事に手を出してきた。
 だが、いくら知識はあっても、魔法の習得というものは一朝一夕でできることではない。
 エドワード殿下がアディントン侯爵領に来た時点で、私は九歳だった。
 正直なところ、まだまだ発展途上の状態であった。
 それからさらに四年。
 今の私は、ますます魔法の実力が向上している。

「さすがはイザベラお嬢様でございます。おみそれいたしました」

 隊長が尊敬の眼差しで見てくる。
 村人達も似たようなものだ。

「いや、それほどでも……。それより、まだ残っているゴブリンがいるはずだから、そっちを探さないとね」

 私は照れて頬を掻く。

「分かりました。村長の話では、巣が近くにあるとのことですので、そちらの方を重点的に探しましょう」

「了解。それでいこう」

 私たちは森の奥へと入っていく。
 しばらく進むと、洞窟のような場所を見つけた。
 中からはゴブリンの声が聞こえる。
 どうやらビンゴらしい。

「イザベラお嬢様。どうやら、先客が来られているようであります。入り口の方に、血痕が残されています」

「うわぁ、マジか。これまた面倒くさいなぁ。その人達が無事に片付けておいてくれればいいんだけど」

 私は頭を掻きながら呟く。
 だが、その願いは通じなかったようだ。
 洞窟の奥から、戦闘音と怒号が聞こえてくる。

「くそっ! ゴブリンキングがいるなんて聞いていないぞ!!」

「メイジやジェネラルまでいる! なぜこんなところに!!」

「知るか! とにかく逃げるぞ!」

「殿下をお守りしろ! 何としてでも退路を切り開くんだ!!」

 うーん。
 ゴブリンキングなんて言葉が聞こえてきたね。
 ゴブリンを掃討するために洞窟に攻め込んだら、思わぬ上位種に遭遇して錯乱している感じかなあ。
 これは、先客に任せておくわけにはいかなさそうだ。

「……仕方ない。私が行くしかないか」

「イザベラお嬢様!?」

 隊長が驚いたように叫ぶ。

「大丈夫だよ。私一人で十分。それに、早くしないと中の人達が危ない。この場にいる人の中で一番強いのは、間違いなく私だし」

「確かに、それはそうなのですが……」

 隊長は心配そうにこちらを見る。

「それに、聞こえなかった? ”殿下”とか言ってたよ。ということは王族がいるんだよ。だったら尚更急がないと」

「そ、そんなはずは……。い、いや、まさか本当に……?」

 隊長は事態を飲み込めていない様子だ。
 それもそうだ。
 まさか、王族がゴブリン退治をしているなんて、普通は思わない。
 私も同じ気持ちだ。
 だが、王族がいるいないに関わらず、少なくとも人がピンチに陥っているのは確かだ。

「じゃ、行ってくるね」

「あ、ちょっ……」

 隊長の返事を待たず、私は颯爽と駆け出す。
 ゴブリンキングかぁ。
 さくっと倒してしまおう。

コメント

コメントを書く

「恋愛」の人気作品

書籍化作品