乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

20話 オスカー・シルフォード

「ふふ。私のお誘いを受けていただき、ありがとうございます。イザベラ殿」

「いえ……」

 オスカーが微笑む。
 私は、彼からの誘いを受けることにしたのだ。
 これがそこらの貴族からのお誘いであれば、断ることも可能だ。
 侯爵家令嬢である私はかなり身分が高い方だしね。
 断りづらい相手としては、侯爵家よりも身分が高い者。
 つまり、王族や公爵家あたりだね。
 後、家格の面以外でも断りづらい要素はある。

「これほど美しく会場を彩られるなんて。シルフォード伯爵家の氷魔法は素晴らしいですね」

 今回のパーティの主催はシルフォード伯爵家だ。
 氷魔法に高い適性を持つ家系である彼らは、パーティ会場に見事な氷細工を飾っていた。
 彼らはアディントン侯爵家よりも家格が下ではあるが、さすがに主催の者を立てないわけにはいかない。
 彼からの誘いを無下にすると、シルフォード伯爵家の顔に泥を塗ることになる。
 アディントン侯爵家とシルフォード伯爵家の関係性の悪化に繋がりかねない。

「はははっ。お褒めに預かり光栄です。氷魔法も得意ではありますが、他の魔法も使えるようになれたらと思っていますよ。せっかく魔力があるのですから」

 オスカー・シルフォード。
 彼は伯爵家の跡取り息子であり、氷魔法士として高い実力を持つ。

「では、私と一曲踊ってくださいませ。イザベラ殿」

 彼は微笑みながら、私に向かって手を差し出した。
 その笑顔を見て、一瞬、脳裏にフラッシュバックする映像があった。
 それは、彼が冷たく濁った目で私を見下し、氷魔法で私を拘束したシーンだった。

「どうかされましたか?」

「い、いえ。何でもありませんわ。踊りましょう、シルフォード様」

 私はハッと我に返る。
 そうだ。
 この世界は『ドララ』に準拠しているが、全てが丸っ切り同じというわけではない。
 あんなバッドエンドは繰り返さないはずだ。
 いや、何としても繰り返させない。
 私は自分に言い聞かせるように心の中で呟くと、オスカーの手を取った。
 冷たく儚げな印象を与える外見とは異なり、しっかりと握られたオスカーの手にドキリとする。
 そんな私の動揺に気付くことなく、彼は優雅にステップを踏み始めた。
 オスカーのリードは巧みで、ダンス初心者の私でも何とかついていけた。
 アディントン侯爵家でもダンスの稽古はあったけど、ポーションの作成や畑仕事を優先して、少し蔑ろにしてしまっていたんだよね。

「お上手です、イザベラ殿」

「ありがとうございます、シルフォード様も素敵ですよ」

 私達は互いに社交辞令を交わし合う。

「ふふ。こうして一緒に踊るのは初めてなのに、以前から知っていたような気がします」

「まあ、奇遇ですわね。実は私も同じことを思っていたところです」

「これは運命でしょうか? イザベラ殿」

「え? ……そうかもしれませんね」

 私が肯定の言葉を口にすると、オスカーはさらに笑みを深めて言った。

「イザベラ殿。私は貴方に興味があります。よろしければ、二人きりになれる場所へ参りませんか?」

 会場の外へと誘われる。
 二人きりになって大丈夫だろうか。
 誰かに見られて誤解されたりしないかな。
 でも、断るのもそれはそれで難しい。

「少しだけなら……」

 私はオスカーにそう返答し、彼に連れられて歩き始めたのだった。

コメント

コメントを書く

「恋愛」の人気作品

書籍化作品