乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?

猪木洋平@【コミカライズ連載中】

4話 フレッド参戦

 さらに一か月ほどが経過した。

「ふんふ~ん。ふんふん~」

 私は鼻歌交じりに、今日も元気に畑仕事をする。

「う~ん、いい天気ねぇ……」

 私は額に浮かび上がった汗をハンカチで拭った。
 季節は初夏に差し掛かっている。
 そろそろ収穫時期の作物も多くなってきた。
 私は、作物の成長具合を確認するために、畑の隅へと移動する。

「どれどれ……。あら、もう実が熟してるみたいね……」

 やはり魔法で生育を促進させているだけあって早いものだ。

「でも、これだけじゃまだまだ足りないかぁ……。もっと頑張らないとね」

 私は一人呟く。
 七歳児に戻ってから既に七か月ほどが経過している。
 まだ幼い身ではできることが限られている。
 そんな中で私が見つけたのは、この農業という手段だった。
 地球のゲーム知識があるとはいえ、所詮はただの子娘に過ぎない私に何ができるのか?
 最初は不安だったが、やってみるとこれが結構面白い。
 作物を育てて、それが育っていく過程を見るというのは、とても心躍ることなのだ。
 ただ、本当にこのままでいいのかという思いもある。
 エドワード殿下やアリシアと今後も関わらないようにする。
 そんな単純なことだけで、本当にバッドエンドを回避できるのかと……。
 しかし、今は他に思いつく手立てがないのだ。
 だから私は、今自分にできることを精一杯やるしかない。

「さあ、今日のお仕事はこれくらいで終わりにしましょうかね」

 私は額の汗を拭いながら、大きく伸びをする。
 すると、そこで背後に誰かがいることに気づいた。

「………っ!? 誰!?」

 振り返ってみると、そこには見覚えのある人物が立っていた。
 私の義弟、フレッドだ。

「えっ!? フレッド? どうしてここに?」

 予知夢では、私に毒の短剣を突き刺したフレッド。
 そのせいで苦手意識を持ってしまった私は、彼に話しかけることができていない。
 エドワード殿下やアリシアに対する方針と同じで、できるだけ関わらない方がいいと思っていた。
 なのに、なんでこんなところにいるのだろう?
 まさかまた何か企んでいるんじゃないだろうなと思い、警戒心を露わにする。

「あの、姉上。こんなところで何をされているんですか?」

 フレッドは、青髪をたなびかせながらそう質問する。
 彼は私の一つ下なので、今は六歳だ。
 顔立ちはかなり整っており、将来はイケメンになること間違いなしである。

「見ての通り、農作業よ。悪いかしら?」

 私はツンとした態度で答える。

「いえ……。悪くはないですけど……。ただ、意外だなって思って……」

「どういう意味よ?」

「だって、姉上はアディントン侯爵家の令嬢じゃないですか。それも、僕とは違って実の娘であるあなたが、なぜ畑仕事をしているのかなって……」

「…………」

 確かに彼の言う通り、私は侯爵家の実の娘として生まれてきた。
 本来なら、畑仕事をする必要なんてどこにもない。
 だけど、私はあえてそれを選んだ。
 バッドエンドを自分なりに回避しようとするためだ。
 しかし、それをフレッドに話すわけにはいかない。
 今回の人生でも、油断すれば彼にまた害されるかもしれないからだ。
 不用意に手の内を明かさない方がいい。

「別に、深い理由なんてないわ。私はただ単に、こういうことが好きなのよ。趣味みたいなものね」

「そうなのですか? 奇遇ですね。実は、僕の方もそういうのが好きでして……」

「へぇ~。それはそれで意外ね」

「それで、もしよかったら、これから僕もここで作業させてくださいませんか?」

「え……?」

 フレッドの提案を聞いて、私は一瞬固まった。
 彼と一緒の作業をする……?
 それは、一体どういった意図があってのことだろうか……。
 また私を殺そうとしているのか?

「お断りよ。そもそも、これは私が一人でやっていることだし、あなたの手伝いはいらないわ」

 なので、ここはきっぱりと断ることにした。
 フレッドと関わってもいいことはない。
 彼はいずれ、私を殺してしまうのだから。
 だが、そんな私の答えを聞いたフレッドは、見てはっきりと分かるほどにションボリしてしまった。
 そして、悲しげに俯く。
 あれ、なんか思ったよりも落ち込んでるみたい。

(ちょっと言い過ぎたかな……?)

 よく考えれば、今回の人生において、フレッドは私に対して何もしていないじゃないか。
 あれはあくまで予知夢。
 そして、『ドララ』での設定上の話だ。
 私がしっかりと立ち振る舞えば、きっと大丈夫なはず……。

「分かったわよ。じゃあ、手伝ってもらってもいいかしら?」

「本当ですか!」

 フレッドはパッと表情を明るくさせる。
 やっぱり、可愛い顔をしているなぁ。
 さすがは乙女ゲームの四大イケメンの一人なだけはある。

「ただし、邪魔だけはしないでよね」

「はい! ありがとうございます!!」

 こうして、私の農作業仲間として義弟のフレッドが加わったのであった。

「乙女ゲームの悪役令嬢になったから、ヒロインと距離を置いて破滅フラグを回避しようと思ったら……なぜか攻略対象が私に夢中なんですけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く