話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【異能な転生者】特殊な力を持った主人公の冒険物語

ノベルバユーザー588811

第18話 ゴブリン討伐後

俺たち4人は村からの依頼を受けてゴブリンを討伐に出向いてきた。

全部のゴブリンを討伐することはできたけど、非常に厄介なのが、冷や汗が出るくらい緊張してしまう、それは説明することだ。

なんと説明したらいいか。

説明が難しい。

Fランクの冒険者になったばかりの俺が、普通は、これだけ強い魔法が使えるなんてない。

言い訳や、ごまかし方がわからない。

非常にまずい。

考えても、どうやって説明したら、いいかわからなかったので相手の言葉を待つことにした。

まず、先に言葉を言ってきたのは、イザベラだった。

「 ちょっと、あんた、どういうことよ? 」

なんだか意味不明な問いかけに、余計に俺も言葉を発することができなかった。

「あんた、ギルドで聞いたときにFランクって言っていたよね」

「うん、Fランクだけど……」と冷や汗が出る感じで、とぼけるようにして言ってみた。

「ギルドカードを見せたよね」と俺

「確かにギルドカードは見せてもらったけど、信じられない」

まぁ確かにそうだよね、自分でもFランクの冒険者が、こんなことができるなんて信じられないし、初心者だからFランクなんだし。

「あんた、なんか私たちに隠してない?」

……なんて答えようか迷っていた時に、意識を失っていたソフィアが、う〜んと言いながら目を覚ました。

2人はソフィアに駆け寄っていく。

「ソフィアー」
ソフィアの意識が目覚めたので、目を開けた。

混乱している頭の中からソフィアは一生懸命に、ゴブリンの棍棒に当たってしまったことを思い出した。

「いたたっ」頭を抑えている。

ソフィアは洋服の上から腕や足や体を確認してみたり、動かしたりしても痛くないことに気がつく。

確かに洋服には血の跡があるし怪我をしたあとがあるが、傷がない。

そのことがソフィアを混乱させた。 俺が、ソフィアの傷を気づかれないうちに治しているからだ。

怪我は直ったみたいだけど、流れ出た血は多かったみたいで、混乱状態の頭と出血の関係で体が、しっかりしなかった。

そのため早急に村の中に戻って家の中で様子を見ることを考えた。

二人で、ソフィアを支えて村の中の家に戻った。

村に入って、すぐに村長の家で休養させるように言われたので、ベッドに寝かせた。

ソフィアをベットに寝かせてイザベラが
「依頼通りゴブリンを討伐しましたが、数は数匹どころではありませんでした。今、畑に死体がありますから確認してください」

「わ、わかった、すぐに見させてもらう」と言って出て行った。

10分くらいして、村長が帰ってきて、
「数は、34匹じゃった」

「よくも、あれだけの数のゴブリンを倒せたものじゃな」

「‥‥‥」

ゴブリン討伐には喜ばれたが、討伐した冒険者が怪我で運び込まれたのは村人たちにも驚かれた。

村人に説明をした後、そのまま放置しておくことができないのでゴブリンを土を掘って埋めることにした。

もちろんお金になるので魔石は回収した。
しばらくは休養のため村に泊まっていくことを勧められた。

そのため3人は、村に泊まっていくようだが、俺は、村長に討伐の証をもらい、街に帰ってギルド支部に報告しに帰った。


もちろん、説明しなくていいから、帰ることにした、何とか説明を逃げ切れた。

ギルド支部につくと、受付のお姉さんから報告を求められて、討伐の証を見せて報告をした、納得したようなので4分の1のお金をもらうことができた。

これで野宿から、しばらくの間は解放されるかも。

どこかに宿を探そうかな。

それとも3人が戻ってくる前に、他の街に行こうか?

悩むなぁ〜


俺が能力を隠すには理由がある。

能力が大きくあると誰でも自分の欲望のために利用しようとすることもあるし、メンバーに危害を加えようとすることも考えられるし、村に住んでいる両親に影響があることもでてくる。

前世でも俺の能力の異常性に両親は、俺を置いて、でて行っている。俺としては両親を魔物から守るために使った魔法だけど、化け物あつかいされてしまい、今でも苦い思いがある。

それ以上に、俺の一番、嫌っている戦争に加担させることが起きるからだ。
誰かに知られることが、その数倍にも広まる可能性がある。

俺が、信頼している人から、洩れる事だってある。
その時には、信頼している人を、失望しなければならなくなる。
なんかの話をしている時には、誰だって失言をすることはあるから。

「しゃべるんじゃないぞ」と約束しても、失言はあるから。
それを強制することは、難しい。

知らない方が良ければ、知らないで済ます事ができるし、情報が洩れることはない。
俺の知らない所で、失言した人を拉致することも考えられる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お読みくださりありがとうございます。

ブックマーク、ハートマーク、星マーク、評価も、感想も、ほんとうにありがとうございます。

本当に多くの方の支援には心より感謝しております。
そして、何よりも小説を書くための励みになっています。

誤字脱字がありましたらお知らせください、すぐに訂正を行っています。

また意味不明な文章があることもありますが、なにぶん素人が書いている文章です。お知らせくだされば、訂正しています。

クリスとアリシアの物語をお楽しみください。

「【異能な転生者】特殊な力を持った主人公の冒険物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く