話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ポチ太と私と彼岸花

ノベルバユーザー584356

ざあざあ真っ黒

……雨が降っている。
つめたくて、黒くにごった雨粒が、容赦なく地面に打ち付ける。
長い戦争が終わっても、喜びなんてなかった。どちらが勝ったかもわからない争いは、私の家も、友達も、両親も何もかも飲み込んだ。レンガ造りの街道に立ち並ぶ赤い屋根の家々も、今は黒く腐っていた。自分のひざより下、どこまでも続く大地にそれは広がっている。
私の右手には小さなピストルが握られていた。自分の生きる意味なんてわかんないよ。もう嫌だよ。お父さんとお母さんの所に行きたいよ。

銃口を頭にあてる。
震える手で、引き金を引いた。

「ポチ太と私と彼岸花」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く