話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

男でも母乳出るかも?

味噌村 幸太郎

パパだってやってみたい!


 僕と妻は結婚して、数年間経ってやっとのことで、第一子である姉ちんを授かりました。
 それはもう可愛がって、初めての赤ちゃんだったので、毎日が勉強です。

 母親になった妻が赤ちゃんに、お乳をあげる姿を見て、僕は思いました。
「うらやましい」
 あ、いや、赤ちゃんがではなく、妻のことです。

 僕も出るものが出るなら、あげてみたいと……。
 その気持ちを妻に伝えると、こう答えました。

「なんかそんな話、どこかで聞いたよ。子供に愛情を持てないお父さんに、乳首を咥えさせることで、子供が大好きになったって」
「ファッ!?」
「真面目な話だよ。味噌くんもそんなにやりたいなら、やってみる?」
「やるやる!」

 こうして、夫婦で結託し、僕たちは風呂上りに、生まれて間もない姉ちんに、授乳することにしました。
 もちろん僕も、身体をいつも以上に、綺麗に洗い上げました。

 ベッドの上で、上半身裸でスタンバイ。
 奥さんが、赤ちゃんを連れてくると、僕はビデオカメラを準備します。
 今からやる行為を、ちゃんと映像として残し、反抗期が来たら、「これぐらい愛しているよ」と見せてやろう! なんて、僕の悪ノリが始まったのです。

 赤ちゃんを受け取ると、さっそく、小さな口に僕のお胸を近づけます。(太っているのでCカップぐらい)
 多分、本能的なものだと思うのですが、僕のお乳を近づけると、赤ちゃんだから、口で乳首を探し出します。
「あ~ あ~」と左右に首を振るのです。
 僕は、その反応を利用して、無理やり乳首を咥えさせました。
 最初こそ、「ちゅぱちゅぱ」飲もうとしますが、「これじゃない」とギャン泣きされました。

 これでは、ダメだと思った僕は、いいことを思いつきました。
 本物のお乳を使えばいい! と……。

 ちょっと、生々しい表現で申し訳ないのですが、お乳がポタポタ落ちる妻から拝借し、それを自身の胸に塗りまくって、再度挑戦します。
「あーーー!」
 ダメでした。
 やはり本物とは、違うようです。
 ですが、愛情は更に深まったでしょう!


 余談ですが、授乳は失敗しましたが、少し大きくなってから、首がすわったぐらいだったでしょうか。
 娘をお風呂に入れるのは、僕に任されていました。
 身体を洗ってあげて、その後、娘と一緒に湯船に浸かります。

 この時、僕は娘が溺れないように、身体を両手で支え、娘のアゴを自身の胸の上にのせます。
 暖かくて、気持ちが良いのか、ウトウトして、気持ち良さそうなのですが……。
 半分寝ているせいか、ちょうど、僕の胸が母親のおっぱいと勘違いしているようで。
「ちゅぱちゅぱ」と乳首を吸い出しました。
 僕の身体は、程よく濡れているので、良い水分補給となるようです。
「じゅぱじゅぱっ!」
 吸いつき方が強くて、僕は思わず、悲鳴を上げます。
「いたたっ! ちょっ、娘ちん。パパだって! ママじゃないよ!」
「じゅろじゅろ……」
「あたたっ!」

 妻にこの話をすると、
「赤ちゃんって結構吸い方エグいよ?」
「傷ついたり、血が出るくらいだから」
 と言われました。

 親子共に、素晴らしい経験を出来たと思います。

   了


「男でも母乳出るかも?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く