話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

かくれんぼ
現代ドラマ

完結:1話

更新日:

かくれんぼ

  • エピソード一覧

    全1話

  • あらすじ

     「始まり」
     
     まだ少し肌寒い気温が続いている。
     夕暮れになり、空気がまた冷たく冷え込む。
     
     僕(山本京一郎)。小学5年生だ。
     年齢にすると11才になる。
     専業主婦である母の宏美(ひろみ)と、会社員の父の光太(こうた)。
     両親共に健在である。
     
     僕は毎日のように小言を聞かされ、毎日のように怒られてもいる。だけど、そんな環境であっても、僕は不幸だとは思った事がない。
     なぜならば、父や母の愛情をちゃんと感じているからだ。
     
     夕食時になって、父と母と食卓を囲みながら、京一郎が口を開いた。
     
     「ねぇ、お母さん。あのね、明日僕の友達がここに遊びに来たいって言うんだけど、呼んでもいいかなぁ??」
     
     「何人ぐらい??」
     
     「うーん、三人くらいだと思うよ??」
     
     宏美はニッコリ笑って、京一郎の頭を撫でると言った。
     
     「いいわよ!!楽しく遊びなさい」
     
     「はーい」
     
     急いで僕は明日来たいと言っている友達に連絡をした。
     
     「明日学校が終わったら、僕の家で遊ぼう」
     
     「うん。分かった」
     
     明日、僕の家には初めての友達が訪れる。
     自分の家に、友達がくるってどんな感じだろう?
     楽しくなりそうだ。
     そんなことを考えては、わくわくしている。
     
     ※
     
     朝日が差し込んでくる。
     僅か四畳半の僕の部屋にはカーテンがない。だから、暗くなったら寝て、朝日が差し込んできたら起きる。
     それが僕の昔からの日課になっていた。
     
     今日はこの部屋に、普段は僕しか足を踏み入れないこの部屋に友達がくる。
     
     僕はこんなにもわくわくする朝を迎えた事があっただろうか?
     
     用意された朝食はスクランブルエッグに納豆と味噌汁だ。
     バランスはよくわからない。
     
     いつもより早くそれを駆け込むと、僕はダッシュで学校に向かうため、家を出た。
     
     「いってきまーす!お母さん、今日は友達がくるからよろしくね!」
      
     「はいはい、わかってるわよ!気をつけるのよ!」
     
     お母さんは笑って手を振る。
     いつもと同じ朝がそこにあった。
     
     ここから、僕の初体験!!
     つまり、友達が――その事にドキドキワクワクしている。
     
     「こんにちは。京一朗くんいますか?」
     
     聞き慣れた三人の声。
     僕が家に呼んだのは、笹原裕太(ささはらゆうた)と、中島誠(なかじままこと)と、栗原圭(くりはらけい)の三人だ。
     
     インターフォン越しに聞こえる声。
     駆け足で階段を降りる。
     そんなに長くもない階段の途中で、足を踏み外して僕は盛大に転げ落ちた。
     
     その音は玄関の向こうの友達にも聞こえているのかも知れない。
     何事もなかったかのように、僕は玄関のドアを開ける。
     
     ーー痛い。痛い。絶対、これ足首挫いた。
     
     「いらっしゃい!!三人ともよく来たね」
     
     あえて、何もなかったように僕はそう言った。
     
     「今すごい音がしたけど、何かあったの?」
     
     そう言ったのはクラスメートで、僕が僕らしくいられる場所をいつも作ってくれる笹原裕太(ささはらゆうた)だ。
     
     裕太はとても人気者だ。
     クラスの中でも、あっちから誘われ、こっちから誘われ――人望があるのだろうと僕は思う。 
     裕太が一人で過ごす時間を僕は知らない。
     それくらい裕太はいつも誰かと共にいた。僕にはそれがとてもうらやましく思える。
     
     そんな僕の感情はさておきーー。
     
     「じゃ遊ぼうよ!何して遊ぶ?」
     
     京一朗は聞いた。
     
     「かくれんぼなんてどう?」
     
     そう切り出したのは、人気者の裕太だ。
     
     「いいね!いいね。かくれんぼやろう。ただし、この家の中でしか隠れちゃダメだよ?」
     
     僕はそう言った。
     今日は僕にとって最高の日――初めて友達が家に来てくれた記念日なのだから、その記念日を大変な日にしたくなかった。
     
     だが、僕の記念日は僕の手によって汚される事など、この時の僕はまだ知らなかった。
     
     そうして隠れんぼが始まり、三時間ほどの時間が流れていた頃――。
     
     ※
     
     警察介入
     
     かくれんぼをしていると、京一朗の母が階段を上がってきた。
     僕たちにジュースとお菓子を持ってきてくれたのだ。
     
     「おばさん、、大変だよ!大変!」
     
     血相を変えて裕太が、京一朗の母に駆け寄る。
     
     「どうしたの?そんなに慌てて――」
     
     京一朗の母も一体何が起きたのか?と心では慌てながら、何もなかったかのように、振る舞っている。
     
     「――京一朗がいないんだ!」
     
     「一体どういうことなの?」
     
     「今まで僕らはかくれんぼをして遊んでたの」
     
     「うん。それで??」
     
     京一朗の母は裕太の言葉の続きを待った。
     
     「裕太

    キーワード

「かくれんぼ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品