話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

彼氏が悪の組織の戦闘員Eなんですが…

黒月白華

第106話 ようやく会えましたね

一方、ファンタジーランドの上空で2機のヘリコプターから堂々とEのマスクを被った傭兵部隊と薬で一定時間化けた雪見時奈がチョロチョロ紛れていた。

下で待ち受ける銃を持ったホワイトベルのイケメン軍団も混乱した。

「どいつが本物だ!?」
「全部偽物か?」
「どうする!?」
戸惑っているうちに容赦なくイケメン軍団は撃たれてしまう。

「もたもたしてんじゃないよ!」
安達美優が先導しイケメンを倒した。
続いて竹刀を持ったヤンキー女が暴れた!

「やるじゃないか!棒切れにしちゃ!」

「竹刀だっつの!やっぱりこれじゃないと決まんなくてね!」
しかしイケメン軍団は

「貴様ら!雪見時奈の両親がどうなってもいいのか!?鬼畜か!!」
と叫ぶが無視してイケメンを殴りつける。

「お前ら本当に時奈の両親を捕まえたのか?それ本物だと思うのか?」
とニヤリと枝利香が笑う。

「なっ…なんだと!?おいっ!確認しろ!」
と1人のイケメン指揮官が連絡を回した。

「もしもしっ?応答しろ?おいっ」

ガガガガガガ…

「何っ?繋がらないだと?」
焦った指揮官にニヤリと枝利香は言った。

「残念だったな!もう両親は助けちまったってよ!!」
とイケメン指揮官の後頭部に竹刀を思いきり叩き込んだ!

安達は枝利香に

「本当はまだだろうけどね…」

「仕方ないだろ?陽動作戦なんだからよこっちは…」
連絡用の電波はインドにより完璧にジャックされていた。



ドリーム城の前にはイケメン軍団がズラリと包囲している。

「どうしよう…やっぱりちゃんと出て行った方がいいのかな?チャイム押して…」
と私が言うと

「時奈さん…あの城にチャイムなんてないよ」

「君達こんな時に笑わせないでくれるかな?そしてイチャイチャしないでくれる?」
と暁雄さんが言う。

「イチャイチャはしてないだろがっ!」
と吉城くんは突っ込む。

「じゃあ、僕にしっかり捕まってね?落ちないように!」
と物陰からバイクに乗り様子見をする私達。

「まぁまさかここでバイクに乗って突っ込んでくるとは思わないだろうね」
と暁雄さんも言う。
これはケルベロスの科学班の作った特殊バイクだ。エンジン音に消音センサーが付きさらに乗ってボタンを押すと光りの具合でまさに周囲に溶け込むカメレオン機能という恐ろしいステルス技術が搭載されている!それは私達の着ている服などにも用いられていた。暁雄さんも私達も全員Eの服を着込んでいるけど特殊な繊維でできたそれは中々見えにくいだろう。

「では俺が囮になり出て行くか…」
と沢山の煙玉を抱えた蒼太郎さんが言う。

「そうそう後は私達が道を作るから一気にお城に入るのよ?」
と桜庭さんは閃光弾を抱えて笑う。

「巫女よ…お前は留守番していろとあれ程いったのに!」

「蒼くんの側にいるから平気ですっ!」

「はい、そこもイチャイチャしないでくれます?独り身はつらいよ…」

「万年発情男に言われたくないな!よしっ行くぞ!巫女よ!俺が運転するから投げまくれ!ゴーグルはしっかり嵌めたな?」
と蒼太郎さんはバイクを静かに走らせ桜庭さんが閃光弾を遠くに放ったのをきっかけに一斉にイケメン軍団はそちらに注目しまともに光を浴びて蹲った!

「ぎゃあああ!眩しいっ!!目があああ!!」
と何人かは某アニメの人みたいになってる!!

さらに煙玉を投げる蒼太郎さん。

「見たか!これぞ我が国ケルベロス帝国の技術だ!」
いや帝国って…。
煙に紛れズンズンとイケメン軍団をはねて行ったり容赦がない蒼太郎さん達の後を私達も静かに紛れながら追った。

ようやく城の入り口にたどり着き正面からバイクで走り抜ける私達だ!

城の玄関ホールを突き抜けるとそこにはたくさんの虚な目をした男たちと集団がいて私達を見るとまるでゾンビのように襲いかかってくる!

「なんだこいつらっ!?人質なのか!?」
その時集団の1人がバタリと倒れて口から血と泡を出した。

「ちっ…毒を仕込まれている…」
暁雄さんが舌打ちした。

「嫌だ!嫌だ!死にたくないっ!助けてくれ!助けっ…」
その1人も最後まで言わずに倒れてそれに動揺した者は連鎖して次々と倒れた。

「おいカス共!落ち着け!冷静にならない奴は死ぬだけだ!パニックを起こした者から毒が回るようになっている!」
と落ち着いた蒼太郎は言った。倒れた男の手首を掲げ注射跡を見る。

「恐らく体温が上昇すると毒が反応する。だから興奮するな!その場で静かに座ってろ!」
桜庭さんは怯える人の背中をさすり

「大丈夫だよ…助かるから落ち着いて深呼吸してね」
となだめた。
そこで1人の男が前に出た。

「解毒剤をくれるって…雪見時奈を連れて行けば…あいつが…だからお願いだから雪見時奈を渡して…」
それに私は苦悩する。

「わかった…行くよ!」

「…時奈さん」

「これ以上犠牲者はいらないよ!」
と特殊な服を脱ぎ捨てた。

「連れてって!」
その男に頼み、男はコクリとうなづき同じく特殊服を脱いだ彼と共に城のエレベーターに乗り込んで上へと連れて行く。

玉座の間と書かれた扉を開けると奥の玉座には白髪の男が1人座っていて手前に時奈の両親が縛られて気絶していた。

「っ!」

「お父さん!お母さん!」

「解毒剤をくれ!ここまでこいつらを連れてきた!本物だよ!!」
と私達を連れてきた男が言う。

白髪の少年は手招きしてそれに男はホッとして近付いた。しかし…

バキューン

と銃声が響き…男は撃たれて即死した。

「なんてことを…」

「酷いっ…」
顔をしかめる中、白髪の少年は立ち上がり礼儀正しく言った。

「ようやく会えましたね、雪見時奈さん…僕はこの時をずっと待っていました!」
と両親に近付いて銃口を向けた。

「辞めて!」
と叫んだ。

「君と2人で話がしたい…それなら開放しよう」
と少年が言う。

「判ったからこれ以上酷いことはしないで!吉城くんお願い!両親をよろしくお願いします!」
と時奈は言い、彼はうなづくしか無かった。

彼と両親を数名のイケメン達が連れて部屋から出て行った。

時奈と白髪少年は2人になった。

「久しぶりだね?僕は世界がどうなろうともう知らない…君さえいれば…。本当に会いたかった。何年も何年も」

「そう…私も…会いたかった…こんなことをする人にね…」

「!?」
白髪少年は何かに気付いた。

「君は…まさか…」

「時間切れだ…」
彼女は体格が変わり1人の男へと変わっていく。女性モノの服を脱ぎ捨て黒い服が下から現れて…その顔は……

「栗生院吉城!!」

「何年越しか知らないけど変装一つ見破れないその程度の愛で僕の時奈さんを渡すわけにはいかないね!」
と彼は加速して走り白髪少年の顔を殴りぶっ飛ばした!!

「彼氏が悪の組織の戦闘員Eなんですが…」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く