話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

彼氏が悪の組織の戦闘員Eなんですが…

黒月白華

第86話 吉城ハーレム

季節は冬から新しい春になりとうとううちの女子校が共学校になった。

しかし!一年生は男子が普通に入学テストでやってくるけど、当然上の学年は女子が大多数というかほぼ女子である。2学年以上で4月から転入してくる男子なんてもしかしなくとも吉城くんしかいないんじゃないの?どーすんのこれ?めっちゃハーレムじゃん!

「吉城ハーレム!!」
ブハッ!!と枝利香さんが盛大に吹き出した。

「懸念してたね…。女装してたから今まではなんか慣れてたけどこれからは男として登校するし。これは早急に他の男子も入れたいとこだな…」
と吉城くんが焦った。

「いいじゃん!ハーレムとか!男の夢なんだろ?ライトノベルとかいうやつなんだろ?」

「それはいろんな女子に手ぇ出しまくってる男主人公の話だろ?しかも大体主人公がうっかり相手に惚れられてヒロイン意外ともイチャイチャしてるクズだしな。僕は時奈さん以外の女子に話すらしたくないよ」
と私の手を握り締めた。

「でも…吉城くんと私学年違うし結果的に2年の教室でハーレムだよ?」

「くっ!!休み時間毎に時奈さんのとこ行こっ!!」
と言うと枝利香さんが

「いやそれもうぜえよ。移動教室やトイレ行くんだぞ。昼休みくらいで我慢しとけよ栗生院」

「ああっ、神様!何で僕は一つ下に産まれたんですかっ!!畜生!外国なら飛び級制度あるのに日本にはないとか不公平だろ!!」

「漫画とかではよくあるのにねぇ…」

「漫画は何でもありだよね。幼女が高校行ってたりしても許されるから!!くっそ!政治家脅して飛び級制度を今すぐ導入させてやりたい!!」
とサイコが悔しがった。

そしてそれは現実になり、吉城くんは2年生で唯一の男子生徒でありイケメンでありハーレム状態であった。因みに私たち3年は女子しかいない。

しかしモテっぷりが半端ない。
吉城くんは唯一の男子でありあの有名なE様でも有りこの学校で彼が登校して来ると一年生女子はもはやここは大奥かよ?というくらい彼の為に道を作り頭を下げるのである。

流石の吉城くんもビビリ、

「あの…辞めてください…」
と言うが

「栗生院先輩!!栗生院先輩の為にお履物を懐にて温めておきました!!」
とお前は秀吉かよ!!という女子も毎回現れ、さらに2年の吉城くんの教室では彼は教室のど真ん中に座っていた!
こっそり様子見していたら私に気付いてダッシュで駆け寄った。

「1番後ろに変えて欲しいと言ったら却下された!何でだ!!」
吉城くんはもはや泣きそうだ。

「「イケメンだから…360度眺めたいんだろうな…」」
と私と枝利香さんがハモると

「めっちゃ視線が嫌なんだけど!共学でもそれなりだったけど男子いたしなっ!まさかこれ程までとは!もう男子を金払ってでも転入させるしかない!!」
彼は悲痛な顔で私に抱きついて離れない。
そろそろ教室に戻らないと。
とそこで四宮先生がやってきた。

「こらぁ!栗生院くん!学校でイチャイチャは禁止です!!離れてっ!!」
と四宮先生が言うが

「先生後ろの人が先生に絡み付いてるのはいいんですか?」
と吉城くんがニヤリと言う。
四宮先生は吉城くんのファンであるけどもう一人のイケメンの暁雄さんに好かれている。

「四宮先生…今日もいい香りですね…」

「ひいっ!匂いを嗅がないでください!小高先生!!しかも栗生院くんの前でっ!!」

「吉城!四宮先生を誘惑しないでよー」
と暁雄さんが睨んだ。

「いつしたんだよ!?」

「妄想とかで」

「知らんよ!妄想とか!」
と吉城くんが突っ込むが私もいつも妄想してるしごめんね吉城くん!!

「とにかく!授業が始まるから教室に戻りなさい!小高先生も離れて下さいー!!」
ギギギっと暁雄さんを引き剥がそうと四宮先生は必死だ。暁雄さんの魅力に引っかからないなんて凄い精神力だな四宮先生!


僕は名残り惜しく時奈さんを解放して教室に戻る。
教室の1番真ん中の席。地獄だわ。
前・横・後ろ・斜めどの角度からも毎日毎日カシャカシャ音がする。君らはプライバシーの侵害と言う言葉を知っているのか?

おまけに女性教師も僕ばかり当ててくるし!!鬱陶しいわ!!クソ!女共め!
ちなみに時奈さんが卒業するまでは同じ学校にいるけど3年になるともう用がないのでまた白樺学園に戻るかな。流石にこの状態はキツいわ!!
いや…でも3年になって時奈さんが座っていた席に座り続けたい…。金払うから机だけ白樺学園に寄贈してほしい。

授業が終わる毎に僕はダッシュで男子トイレに駆け込み身の安全を確保している。もはやここと時奈さんのとこしか安息の地はない!!
早くこの状態を終わらせる為、同学年の男子を数名転入させないとな!!

体育の時はさらに地獄だ。
着替えは僕一人だからわざわざ保健室へ行き着替えるが隠し撮りされてる気配がして探すとカメラが仕掛けられていたりする。
恐ろしいわ女子!
球技もバスケ・バレー・卓球に至るまで女子相手に本気出せないので正直かなり怠い。
しかも僕が投げたボールを受け取った女子が

「記念にボールにサインして下さい!」
と持ってくる始末だ。学校の備品だろがっ!!
持久走も当然女子より早いし、当然黄色い声が飛び出て頭が痛くなる。
保健室に行くと待ってましたと言わんばかりに女性の先生がなんかエロい胸見えそうな服着てパンツ見えそうに足組んで笑ってやがるし!
いや見せてる。見せにきてる!漫画かドラマそのままかよ!!
お前のだらしない乳には何の興味もない!!僕が好きなのは全部時奈さんのものだ!!

昼休みになるとお弁当を抱えて時奈さんの元にダッシュした。
当然後ろから女子が

「私のお弁当を!!」

「栗生院様の為にお弁当を!!」

「待ってえええ」
と追いかけてくるので手榴弾投げたくなるのを堪えて一度身を隠して撒いてから毎回違う場所で待ち合わせて食べることにした。
今日は音楽室だ。

ゼェハァゼェ…
と息を整えて音楽室を開けると女神がいた。

「あ…吉城くん大丈夫?凄い汗!」
僕はすぐ様音楽室の扉を閉めて鍵をかけた!

「ギャハハ!これじゃ美咲ちゃんの方が良かったな!!」
枝利香さんが相変わらず爆笑している。
田淵委員長に至っては

「とりあえず50枚くらい写真撮って売り捌いときますかね?」
と商売始める気でいるし。

時奈さんが僕の汗をハンカチで拭いてくれる。
優しい。

「ありがとう時奈さん」

「大変だね、早くお弁当食べといた方がいいよ?」

「うん!」
と僕は素直にお弁当を食べる。
はあっ!至福!この瞬間が一番至福とは!!
確かに女装姿だと追いかけられるのは男子生徒に変わるくらいだろうが、やっぱりちゃんと男子生徒として同じ学校に通いたかった。
そりゃ家ではいつも会えるけど。
エプロンの時奈さんなんか最高に可愛いし。
ああっ早く結婚したい!

「こんなんじゃ食堂なんか行ったら恐ろしいよな。席取り合戦が始まるな」
と枝利香さんが言う。本当にそうなるだろうからもはや想像したくない。

「時奈さん達は平和なの?意地悪してくる女子はいる?」

「ううん、今はもういないかな。それより仲良くなろうとしてくる子の方が増えたよ…」

「そうですよ、今度は逆に雪見さんに取り入って栗生院氏の持ち物なんかを譲ってもらいたいとか髪の毛1本でいいからと交渉に来る女子います」

「そうそう、あの辰巳や西園寺いなくなってから露骨だよな。時奈に金まで差し出してくる奴いたから竹刀で脅しといたけどよ」

「なんて恐ろしい女たちだ。僕の髪の毛収集して何の得があるんだ!」

「「「そりゃ好きな人の髪の毛なら集めたいんじゃないの?」」」
と綺麗にハモられた。

「いやっおかしいよっ!女子何考えてるんだ!!」

「いやぁ、私なら好きな人の髪の毛一本でも貴重ですよね?普通ですよね?」
と委員長が当然そうに言う!そうなの?
今まで時奈さんと会う前とか僕好きな人いなかったから判らない!少なくとも男子では好きな子のことを考えたりする奴はいたけど髪の毛収集する奴なんて変態扱いだぞ!

「それがイケメンの髪の毛だからじゃないかな?だから価値も数倍にかけられる…吉城くん気をつけた方がいいよ?もし一年の男子が髪の毛拾ったら…ネットで転売されるかもしれない…」
僕にガーンと衝撃が走った。

「髪の毛を…転売!!?」

「ありえますね…」
委員長も枝利香さんも時奈さんも真剣な表情でからかってる様子はなくなった。
マジか!
流石に髪の毛なんか配慮してなかった僕はどう対処しようか思案にくれたのだった。

「彼氏が悪の組織の戦闘員Eなんですが…」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く