話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

彼氏が悪の組織の戦闘員Eなんですが…

黒月白華

第80話 テスト本番

(判っていますわね?明日のテスト!)
真理亜はカタカタとパソコンを動かした。

(もちろんです!雪見時奈の問題用紙だけ特別な問題を作っております!必ずや赤点に追い込み、再テストに追い込みます!)
と凛子が返した。

(そう、期待しているわよ?再テストは3月3日!雪見時奈の誕生日!絶対に再テストにさせるのよ!そして私もわざと再テストを受けるわ!その後があの地味女に接近するチャンス!)

(今まで散々邪魔が入りましたものね!その日に真理亜様のご自宅に監禁…いえ、強制お泊まり会を開き雪見時奈とE様を引き剥がしましょう!)

(当たり前よ!誕生日イベントなんてあの子とE様がイチャイチャパラダイスするとこ想像するだけで腹が立ちます!)

(ですからこの計画は絶対に失敗させてはなりません!いいですね?)

(もちろん!私のクビをかけて必ずや雪見時奈に赤点補修を!!)
そして凛子は一枚だけ作った問題用紙を見つめた。
そこには大学入試レベルの問題と嫌がらせ問題を滑り込ませている。万一他の先生にバレるとクビは免れない。しかしやるのだ!

そして凛子は次の日それを持って学校へと向かった。凛子は電車移動で混雑した車内で鞄を握りしめる。するとモソモソお尻を触る痴漢に遭遇した。
この野郎!!
と思っていると手が止まり

「ぎゃあっ!いててて!」
と声がした。恐る恐る振り向くと恐ろしいくらいのイケメンが中年男性の手首をねじり上げていた。
周りの女性から感嘆な声が漏れた。

「紅様よ!まさか電車に乗られてるなんて!」

「やだ!朝から見られて嬉しい!それとも幻ー?」
ザワザワ車内で光輝くイケメンに皆釘付けだった。
紅…いや小高は次の駅で痴漢と降りて鉄道警察に引き渡した。凛子も事情聴取の為、少し時間を取る。
テストの時間に遅れないだろうか?
ようやく解放されると

「四宮先生、今からじゃ間に合いませんからタクシーで向かいましょう!」

「え…ええ…」
と2人はタクシーに乗り込む。
くっ!この私が何という失態!

「四宮先生…テストの問題用紙は大丈夫ですか?」

「ええ!ちゃんと学校に鍵をかけて置いてありますから!」
そう、持っているのはこのかばんに入れている雪見時奈の問題用紙だけ!

「それは良かった!おや?髪に何か着いてますね?」
とイケメンの顔が近づく!

「なっ…自分で取りますからっ!!」
凛子は若干パニックになり慌てた。
しかしイケメン攻撃が止まらない。

「ああ、取れた!ご飯粒!」

「ひっ!!」
今朝は朝食に和食を取ったしそのせいかしら!!

学校に何とか間に合い凛子は小高にお礼を言い職員室で朝礼を済ませてテストを抱えて教室に向かう。

それを見送る暁雄。そして自分の鞄から問題用紙を1枚取り出した。

「なるほどね?大学入試レベルか。それに面白い問題も紛れてる…」

(雪見時奈と栗生院吉城は別れるべきである)

「大福ちゃんがどちらを解答しても点数は上がらないだろうし…」
さてテストは本物とすり替えたし大丈夫だろう。


教室に凛子が着くと青ざめた。ない!
あの問題用紙が!!ど、どこ?
しかも本物の問題用紙は何故か人数分あるし!
何故なの??時間が迫っている!配らないと生徒に不審がられる!

まさか!あの男!
と、イケメンを思い出す。そうだわ!きっと!小高はケルベロス総帥で女好き!油断した!!
凛子は仕方なく本物を配った。


前からテスト用紙が配られ私は気合を入れる。
夜中まで頑張ったしね!それに吉城くんが教えてくれたとこもバッチリだ。これならいけるわ!
少し眠いけど…なんとかなりそう!

とそこで消しゴムがないことに気付いた。
あれ?私朝ちゃんと確認したのに…。
まさかこのクラスのファンクラブの連中!?
始まる前に枝利香さんとトイレ行ったし!その時かよっ!!
委員長は席離れてるし視覚で取られたことに気付かれなかったのか。吉城くんも相変わらず朝は取り囲まれていたしな。

仕方なく先生に消しゴムを忘れたことを言うと先生はにこりと笑い消しゴムを渡した。
砂消しゴムを!!

いや、確かに消しゴムだけど!これ紙破れるぜ!くっそ!なんて奴なの!親衛隊恐るべし!
しかし、斜め前方の美少女が振り返らず高速で何か投げた。
たぶん誰にも見られていない。
ポトリと白い消しゴムが落ちた。

吉城くん!!
全部お見通しだったのね!何てイケメンなの?

そして私は問題に集中した。

「はい!終了!!そこまで!手を止めて!」
と先生が回収して教室から出て行った。
はー!やり切った!

「大丈夫だった?」
と美少女が声をかけた。

「うん!教えてくれたとこも覚えてたよ…」
ちょっと赤くなるけど。

「そっかー間違えてくれても良かったけどねー?」

「も、もーまた!」
間違えたら赤点だろうしね…。確か再テストは3月3日だし!もし再テストになると旅行は取り潰しだし!ちなみにその日は試験休み期間になる。



凛子は青ざめながら廊下を歩く。
どうしよう!失敗した!真理亜様に何て言ったらいいの??
どの道クビかもしれない!真理亜様から親衛隊脱退もさせられるかも!くっ!

「四宮先生!お疲れ様でーす」
と小高が話しかけてきた!こいつ!

「あれ?怖い顔?笑った方が可愛いのに?」
なっ!

「小高先生…私の鞄に触りましたか?」

「ん?ああ、この問題用紙のことですか?」
と例の問題用紙を見せた。やはりこいつの仕業か!どうしよう!バレたしどの道クビだ!

「黙っておいてあげてもいいですよ?雪見時奈さんに何もしないと言うなら…」

「そっ…それは…」
無理だろう。真理亜様の命令に逆らえるはずもない!こうなったら家に帰り雪見時奈の筆跡を真似てあの問題用紙に書くしか!

「四宮先生…貴方はどの道これが発覚したらクビだ!吉城の親衛隊なんて辞めるんだ!それが貴方が助かる道です!」

「そんなことは!判ってます!!」

「俺が助けてあげると言ってるんです…」
と小高は凛子を優しく抱きしめる。

「ちょっと!先生!セクハラで訴えますよ!!」
ひっ!何なのこの女ったらし!

「それじゃあ親衛隊を辞めなさい…これは最後通告だ!」

「お、脅しには屈しません!クビになるならなるで覚悟はしてます!」

「そうですか…判りました…」
そして小高は凛子に口付けた。

は?

凛子は驚いてドンと押す。

「なっ!何をするんです!貴方は!」

「ああ、すみません…つい…この俺が貴方に自分の意思で口付けたいと思うとは…いつもなら女の子に求められてやるんですけどねぇ」
凛子はバシリと小高を叩いた。

「…おお、叩かれた…」

「当たり前じゃないですか!好きでもない人に!セクハラですからね!」

「…ではこれは校長に提出しておきますかね」

「くっ!…お好きにどうぞ!!」
もうダメだ!私はどの道失敗した!

「なんて冗談ですよー!黙ってますよー!」

「ふふ…小高先生が何もしなくとも私は親衛隊もクビ!この学校からもクビにされる!もうお終いよ!何もかも!」

「それは違いますよ…俺がクビにはさせませんから。親衛隊の方はクビになってもいいでしょう。貴方が俺の女になればいいんですから」

「はあ?…そうやって私を救う王子にでもなろうと言うの?他の女の子にも同じようにほざいて来たんでしょうね!」

「凛子さん…貴方が望むなら俺は世界中の女性を振ってもいいんですよ?この学校で貴方と会い、付き合いのあった子とは全て関係は断ち切りました」

「貴方は…ケルベロスの総帥…親衛隊の情報が欲しいのですね?だから私に近付いてそんな戯言を!」

「うーん…それもありますがやはり俺は貴方が欲しい!俺が貴方を教師として続けさせてあげること忘れないで下さいね…。俺が貴方を自分から望んで欲しいと言うことも」
そして小高は去っていく。


数日後凛子は親衛隊をクビになったが、教師の方はクビにならなかった。雪見時奈の点数も落ちなかった…。学校で真理亜様は目を合わせてくれなくなった。

「あの男のおかげと言うの?…私は…教師を続けたいのかしら?」
小高にキスされておかしくなったのかしら?あの男は女を惑わす電波でも持っているんだわ!大体欲しいって何よ!私は物じゃない!
私は負けないわ!私が好きなのは年下の可愛いアイドル顔の男の子なのよっ!!

と凛子は枕を抱きしめて無理矢理眠った。

「彼氏が悪の組織の戦闘員Eなんですが…」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く