話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

彼氏が悪の組織の戦闘員Eなんですが…

黒月白華

第49話 牛丼と鰻重とキナコ

僕は危うく振り返りそうなのを我慢してあの暗い地下へと帰る。
帰ったら時奈さんとライメも出来るし…後は計画を待つだけだ。

地下へと戻ると神野さんが来ていた。こいつらは交代で僕を監視しにくるな…。

しかも神野さんは痛い。この人と話すといろいろと痛い!

「よく逃げなかったな…さすが元総帥と言ったところか…まぁ逃げても俺のこの第3の目サーチアイで貴様の居場所などすぐに判る!」
と頭に包帯を巻いて誇らしげに言う。

「小高さんは…」

「この聖なる日にあの男がこんな閉ざされた世界にいるわけがないだろう?奴は光の者で有り、同時に闇の者でもある為に女神達を魅了しこの世を牛耳らんと行動を開始している…」

「つまり女の子とイチャイチャしに行ったと…」

「ふっ…笑わせるな…貴様も似たようなものだろう…ま、マシではあるな…あの男と同じ能力を持ちながらその力をただの人間の女一人に使ったのだからな…」
うっ…こっ…こいつっ、痛いこと言いながら一応確信をついてくる…。
と赤くなりながら僕は神野さんに言う。

「あのー…神野さんも彼女とデートでもすれば良いのに…」
すると神野さんは頭を抱えて

「残念ながら…俺にはそんな能力はない…隆は力を暴走して変な方向に行ってしまった…あいつはもう戻って来れない…唯一俺と同じ【テード】の使い手であると言うのに!!」
くっと苦い顔をしこちらをギロリと睨むと

「爆ぜろ!印多き者よ!」

「はっ?印…?………うっ!」
と僕はばっと首筋を手で隠すと赤くなり俯いた。

「なんかすみません…」

「爆ぜろおおおおお!!」
ちょっと泣きながら叫ばれた。
言わんとすることは解るんだけどね…。めっちゃ疲れるな。

「ていうか普通に彼女作ればいいでしょう?神野さんなら黙ってさえいれば女の子寄ってくるでしょ?」

「………俺は…お前たちとは違う孤独の星の元に生まれ堕ちた…奴隷一人で充分だ」

「ああ、ペットのココアちゃん?」

「だが、俺の居ぬ間に外に出て魔王と出会ったらしくてな…魔王の子を…腹に宿した…運命は残酷だ」

「つうか…手術しておけよ」

「俺は魔王の子を更生させる義務がある!然るべき場所でまっとうな生き方ができるようにな」

「ああ、里親募集始めたんですねー…いい人に貰われるといいですね?」
と言うと

「お前も魔王育成プロジェクトに参加すると言うのか?」
とゴソゴソと子猫を1匹取り出した。

「ええー…いや…ここで飼っていいならいいんじゃないですか?僕より小高さんに聞いてみたら?」

「…あれは確かに人を魅了する男だが心が腐敗した奴だからな…貴様の方が遥かにマシだと言ったろう」
と猫を渡される。うーん、僕もそんなに猫は触ったことないんだけどなぁ?可愛いのか?これ?

「そいつを手名付けるのを貴様の使命とする!戦闘員E!幹部の言うことは聞くものだろう?」

「はぁ…まぁわかりましたけど…ちゃんと餌とか運んでくれるなら結局の所神野さんが世話してることになるんじゃ…」

「こいつにはまだ名を与えていない。与えるのはお前だ!名を与えた者が次の親となる。親は責任を持つものだ…何、ゴリラをしつけれたんだから同じようなもんだろう?」

「いやあ、あれは特殊なゴリラじゃん?」

「今も気配は絶っているが貴様をどこかで狙っているような気がするな…」

「それ気配絶ってませんよね?ダダ漏れですよね?」
と部屋のドアの隙間から光る目玉がギラギラと僕を見ておりゾッとした。

「ところで鳴島は生きてる?」

「あの爺さんか…精神と時の部屋で修行してるな。爺さんのくせに見上げた奴だ」
普通にトレーニングルームで鍛えてるだけな。

「だってここ暇だし…仕方ないですよ…そうだ、神野さんもカラオケでもしましょうよ?」

「ふ…俺は歌などに興味はない!レッドに急かされてCDなど出す羽目になったが!仕方なく嫌々だ!」

その数分後…猫を護衛に預けてカラオケルームで神野さんが美声で熱唱してるのを見て、何だこいつノリノリじゃないか…と鳴島と二人で手拍子する。

「坊っちゃま…雪見様とお会いできて良かったですね?ここに来て結構塞ぎ込んでましたからな…それに大人になられて爺は嬉しゅうございます!」

「……………」
父親代わりにそんなことを言われてどう返せってんだよ…。また赤くなり俯くと

「おい貴様ら!手が止まっているぞ!宇宙からのサインが聞こえないのか!?それに合わせろ!」

「はいはい…サインね…」
と手拍子を続けた。



部屋に帰り猫が膝によじ登ろうと爪を立ててきた。そう言えばこいつの面倒を押し付けられたのだ。餌と猫砂にトイレに猫じゃらしグッズ、空気清浄機など一通りの物を置いていった神野さん。

「名前かあ…時奈…じゃあちょっと恥ずかしいな」
時奈…トキナ…キナ…キナコ…

「よしっ!君はキナコだ!!」
と猫に名付けた。早速写真を撮ってライメに送る。するとすぐに既読がついた。
たぶん必死に打っててしばらく待つと返信が来る。

牛丼:(可愛い!どうしたの?この子!!)

鰻重:(うーん、知り合いに押し付けられて飼うことになった。名前はキナコだよ)
と偽名でやり取りを始めた。念のため後で文章は削除するけど…。それにしてもこの名前はないわと思ったけど彼女からこれにしようと言われたのでそうした。本当に面白い。

牛丼:(鰻重くんに世話出来るの?)

鰻重:(うーん、飼ったことも触ったこともなかったから解んないけど…猫が可愛いと思ったこともあんまりないしよく解んないや?)

一般の人から見るとやっぱり可愛いと思うのだろうけど僕はちょっと変わってるしな…。時奈さん以上に愛情を持ったことがほとんどない。両親が生きている時は小さくて当たり前にあるものだったのはわかる。それがいきなり消えて奪われた。その時からちょっと周りが見えなくなったのかな?

動物と接する機会もあまり無かったし。

牛丼:(私の友達も飼ってるよ!今度写真撮ってくるね!)

鰻重:(楽しみにしてるよ…ちゃんと写してね?ピントが合わないと困るから、子猫ならシーツにくるませると可愛いよ)
と打つ。
これは少しメッセージを込めた。ちゃんと写しては猫を写す場所には気をつけてほしいこと。
うっかり背景に特定されるような変なものが写ってしまわないように…。勘のいい彼女なら察するだろうけど。そのことも一応は昨日写メをライメに送る時のことを話し合っておいたから…。

牛丼:(わかってるよ。ちゃんと写す!)
どうやら大丈夫みたいだな…。ほんとは時奈さんの写真も見たいけど…流石に無理だしな。

鰻重:(何だか牛丼が食べたくなってきた…)
と打つとしばらくして

牛丼:(しゅき屋が今キャンペーン中だよ!私はやっぱりチーズ牛丼が好きなんだけど…ああ、貧乏くさくてごめんね?一応お持ち帰りもできるよ!)
うーん、そっちの意味ではないけどいいや。

鰻重:(またキナコの写真送るね)

牛丼:(うん!待ってるね!)

とライメを終わらせて文章を削除するのに数分かかったけど何とか削除した…。

それでもいい。また話せるから。文章でも。
全部終わったら牛丼でも鰻重でもまた食べに行けるから…。
キナコがいつの間にか僕の膝に乗って寝ている。
…ソッと触ってみるとフワフワの毛の感触が残る。

「…これ…どうやってどかそう…」

「彼氏が悪の組織の戦闘員Eなんですが…」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く