話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

彼氏が悪の組織の戦闘員Eなんですが…

黒月白華

第45話 ただ会いたい

季節は夏も過ぎ、秋になっている頃だろう。
あまりにも地下生活が長くて感覚おかしくなる。
地下は広くトレーニングルームやサウナにバス、カラオケルームに生活に困ることはない。
ただ入り口は監視付きに自分の部屋は毎回入るとロックがかかる。外からじゃないと開けられない。鳴島も同じような状態。何回かカラオケルームで鳴島と会って脱走計画を練るも人手も足りないし難しそう。

新しい悪の組織作りは着々と進んでいる。
小高達はヒーローとして今では街をパトロールして暴力団を捕まえたり、もはやアイドル活動みたいなこともしている。テレビでウインクしまくってる小高を見るとアホかと思うけど、これは全部フェイク活動で叔父さんに従っているフリをして水面化では悪の組織作りをしているんだからな。

「で?君はどういう位置にしよっかな?俺の側近とか?」
久しぶりに地下に顔を出した小高と若竹がいた。小高は女とイチャイチャしながら話してくるからイラッとした。まぁここに来るまでに女と夜の街に消える小細工してるくらいだし女がいつも付いてくるのは仕方ない。女の記憶は事が済むと催眠で忘れさせてるみたいだし。

「おい、暁雄!いい加減にしろ!女は引っ込めろ!す、すまんな吉くん」
と若竹が謝った。

「いえ、若竹さん…お気遣いありがとうございます…その…過去はいろいろアパート爆破したりしてすみませんでした…今では一番まともでこの汚れた大人よりよっぽどいい人だと思います。人形の趣味は人それぞれですしね」
と言うと

「あ…ああ、いいんだよ吉くん…。過去の事は水に流そう…そりゃ嫁何回か燃やされた時は犯人ぶっ殺して海に沈めてやろうかって思ったけど俺は常識的な大人だからそんなことはせんし安心しな?」

「…」
若竹はいつの間にか僕のことを吉くんとか呼び出した。栗生院だと叔父さんと同じになるし下の名全部は時奈さんにしか呼んで欲しくないと言ったら小さな声で

「じゃあ何呼びすりゃいいんだよ?よっちゃん?吉くん?」

「よっちゃんは親しみ過ぎて逆に嫌だから後者の方で」
と言うと

「わかったよ!吉くん!!」
と言われたのが始まり。
女を引っ込ませると小高は

「じゃあ側近で決まり?どうしよ?衣装作ろう!楽しいなぁ!君も総帥時代こんな楽しいことしてたのかあ!あ、そうだ…表で俺たちCD出したんだけど聞く?めっちゃ売れててさ、今!オリコン1位!来週歌番組出るから見て!」
僕は渡されたCDを叩き割った。

「あ、酷い…まぁ、隆の声はあんまり上手くないけどさ」

「うるせえよ!!ほっとけよ!!つか何で歌番組出なきゃなんないんだよ!しかもインドの方が声だけいいなんてイカれてる!!蒼太郎も微妙にファンいるし!桃華と昴なんて逆に温かい目で見られてるし!!俺は?ねぇ?俺なんて前に脅迫状きたけど?グループから抜けろって!!アイドルじゃねーから!本業アイドルじゃねーから!!」

「あ、ちょっとだけ聞いてみたくなったなぁ…」
なんて哀れなグリーン…。

「まぁ腐るほどあるけどね?」
とまた渡される。

「小高さん…僕は側近にはならない。僕は…戦闘員Eでお願いします」

「…戦闘員E…か…なるほどね…。わかった」

「ええええええー!おい待てよ!戦闘員て!吉くんくらいの実力ならもっと上の…」

「隆…いいじゃないか彼はそっちのがいいんだからそれで」

「…わかったよ…吉くん…この後トレーニングに付き合う?それともサウナで隆兄ちゃんと語り合おうか?」
と聞かれて

「嫌です!」
と即座に応えるとめっちゃ落胆した。

「なぁ俺って必要なの?誰かに必要とされてるの?」

「隆、いい医者紹介しようか?」

「いいよ!!」
そんなやり取りが続く日々。
ただ彼女に会えない日だけが過ぎていく。



夏が過ぎて秋…あの電話から何にも連絡が途絶えているけど、生きてるってことはわかったし、信じて待つより他ない。
それでも寂しいものは寂しいけど。

夏中毎日昼と夜少しバイトを入れてお金を貯めた。そして舞川家から出た私はまたオンボロアパートに暮らし始めた。
前とは違う趣きのボロさだけど入居者は一応女性も多いしゲイの人もいたからまぁちょっと特殊な人いるけど家賃も安いし大丈夫かな。

でもこれから寒くなるし暖房器具も揃えなきゃいけないな。
枝利香さんはたまに料理を持ってやってきて泊まったりもする。布団は一つしかなくて申し訳ないけど。
私が寂しがらないよう学校でもアパートでも気晴らしにゲーセンにも連れてってくれる。
枝利香さんがいなかったら私はどうなってただろう。

置いてあるロバのぬいぐるみを抱きしめた。

「ううっ悩んでても仕方ないし…日課行きますか!」
と私は外出した。向かう先はいつも同じだ。
私の前のアパートやマンションでもない。
ただ、初めて彼と会ったあの公園だ。
毎日毎日そこに散歩がてら水を持って出かける。
そりゃもちろんいない。
今日もやっぱり彼はいないけど、彼が座ってた場所に腰掛けて過ごして帰る。
他の人に見られると変な女だ。

「はぁ…私がおばさんになる前に迎えにくるかな?ど、どうしよう…お婆ちゃんになってから来たら…」
脳内でお爺さんお婆さんになった二人が再会を喜ぶシーンが再生された。

「待たせたの…時奈さんや」

「吉城くん…あんた待たせ過ぎよ…腰が痛くて仕方ないよ…」

「すまん…一緒に健康ランドでも行こうかの」
するとその時走り寄ってくる若りし頃の彼に似た青年。

「初めまして、あなたが雪見時奈さんですね?僕は孫の栗生院…」

「まっ…まままま孫おおおおお!!!私だけって言ったのにいいいいい!!」
ぎゃっ!腰があああ!足があああ!全身の骨が骨粗しょう症でボロボロになり私は地面に倒れそのまま墓になった。

「時奈さんんんん!!!」
墓の前でくず折れるイケお爺さんの栗生院くんが泣いている。
そんなバカな妄想までしてしてしまう。

「早く会いたいよ…ただ会いたいよ…」
とポカリと浮かぶ月を見上げた。

「彼氏が悪の組織の戦闘員Eなんですが…」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く