話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

彼氏が悪の組織の戦闘員Eなんですが…

黒月白華

第39話 栗生院の葛藤

ついに…ついに…ここまで来たか…。
ホテルのスパで時奈さんを待って出てきた時はあまりの綺麗さに動揺を隠せない。
いつも二つにくくってる髪はほどけてサラサラにしてもらってるし。
白い肌もやはりピカピカだし…
いや、こんな気持ち始めてで今すぐ抱きしめてキスしたい衝動に駆られ必死で耐えたけどね。

夕飯中も見惚れてなんか溢したり落としたりして僕らしくない失態を晒す。
ああ、二人きりでテラスで食事しても良かったけどそれはまた明日に取っておこうね。

夕飯が終わり部屋まで送った時も鍵をかけておくように念入りに言っておいた。
夜中に僕が無意識に押しかけてしまったらダメだし。

お土産に買ったロバの女の子を傍らにニマニマしていると鳴島が袋を携えて入ってきた。

「坊っちゃまお休みの所申し訳ありません、頼まれていたワインにオリーブオイル、その他もろもろに後はあの男のことですが…」
と時奈さんが蜂に刺され車に乗り込む時に見た不審な男の情報を持ち帰ってきた鳴島に

「うん、何だったの?あのハエは?蜂だのハエだのいい加減にして欲しいよ…ハイジャックするバカ共もいたし…で?やはり叔父さんの仕業か?」

「恐らくはその筋ですな。男は雇われてやっただけと泣いておりましたが蜂も従業員の一人が吐きましたね。小瓶に入れて放っただけで雪見様に偶然刺さりましたがね」

「標的は僕ってことでしょ?まったく迷惑な…。倍返しで家中に大量のスズメバチでも放ってやろうか」
僕の両親を巧妙な手口で事故に見せかけて殺したことを知った時は腹わたが煮えくり返ったけどそれ以来親戚は信用しなくなった。
世間もだ。ある時は友達を使って僕を殺しにきたりしたのは驚いたけどね。
まだ小さい頃だったから友達は変な大人が単純にジュースを奢ってくれたのを信じて僕に渡しただけだけどそこには毒が入っていて先に飲んだ友達は倒れた。

友人とは浅い付き合いしかしてこなかった。
女の子にしても色目でみたりされるけど、中には変な女もいて叔父さんに雇われたことを話した代わりに抱かせろだの要求してくるので投げ飛ばして気絶させ、催眠術師に頼んで忘れさせたりした。

信頼できる大人は鳴島くらいしかいなかったから彼を父親みたいに思ってたことも小さい時はあった。
よく泣きついたけど、強くならないとこの先生き残れないことも学んだ。

叔父さんが裏で支援しているのが正義の組織だと分かると僕は反対に悪の組織を立ち上げ全面抗争になった。
正義のくせに実はよほど悪どいことを企んでるし、表向きアイドルみたいに売り出しているヒーロー達にも腹が立つ。
特にレッド。
勘はいいし、時奈さんのことも叔父さんに吹聴でもされたかな。
目をつけられたのも僕のせいだ。

元婚約者の今は刑務所にいるあの女が起こした件についてもだ。
裏の裏を探れば全て叔父さんに辿り着くからどうでもよくなってくる。

海外まで来て邪魔するのにも腹立つけど。

「坊っちゃま…そろそろ会議の時間ですので」
と装飾された例の仮面を投げられた。
あー…もう明日のことしか考えたくないのにー。

「わかった、5分だけね」
と鳴島が遠距離中継機で撮影する。
もはや仮面付けてゴロリと横になっただけだ。
カメラが繋がると幹部4人が一列に並んで定期報告をする。

「ラキュラス総帥!バカンス中申し訳ありません!」
と一応悪の組織っぽく作っといた四天王の一人リュベールが汗をかきながら報告する。いつ見ても汗かいてるなこいつ。

四天王って言っても普通の人間もいるだろうし、こいつは普段から上司に頭をヘコヘコ下げる奴なんだろうね。
奇抜な銀蛇のアクセサリーを首からたらし、肩はク●パみたいな棘つき肩パットのコスプレだ。

「ほ、本日は我々の勝利です!レッドが休暇中らしいし、相手はほとんどグリーンだけだったので!」
とヘコヘコ汗かきながら言う。勝ったのにヘコヘコすんな!

「おい雑魚グリーンに勝ったくらいで調子こくな!ま、可哀想だから今日はグリーンの家爆破しなくていいよ」

「はっ!」

「レッドのマンションは相変わらず隙のない高級マンションだし…」
まぁ叔父さんの出したやつだしな。
しかもレッドの正体の小高は孤児で叔父さんが手配した家に引き取られ育てられたようだが実は叔父さんの隠し子らしいので本人が知ってるかはともかく、
少なからずあいつは僕の遠い血縁なのかな?
小高の実の母親も不審死したらしいがどうせ叔父さんだろやったのだろう。どうでもいいけど。

「ゴリラ島から戻ってきた部下の鋭気溢れる怪人達の最近の活躍も見事ですよ!」

「あっそう、そっちは頑張ってるみたいだね、とりあえずバナナを褒美に島に送っといてくれる?」

「了解しました!!」
と中継会議を終わらせた。

「いつの間にかゴリラ島と呼ばれてましたな」
と鳴島が言う。ほんとになんだ?

「ゴリラと怪人に絆でもできたの?…まぁどうでもいいんだけど!」

「坊っちゃま…明日は本番なのですからお早くお休みくださいね、準備は万端にしておきますので」

「わかった、よろしく頼む」
と鳴島が下がり僕は計画の変更はあれど明日のことを考えて眠る。


次の日時奈さんを部屋まで迎えに行き、朝食を食べ着替えて二人でプールに向かう。
日焼け止めマシーンに驚いたりするのがいちいち新鮮で楽しい。

でも水着姿は流石に可愛いくてずっと僕だけが見ていたい。
彼女はメガネを外してあまり遠くが見えなくなることはちょっと誤算だったけど、もし転んだら危ないのでしっかり誘導してあげないとね。

ボールを投げ合うなんて幸せな時間が永遠に続けばいいのにな…。
でもちょっと彼女に疲れが見えてきたから時計を見るともうすぐお昼だった!
僕としたことが時間を忘れていたようだね!やはり恋するとアホにしかならない。
気をつけねば!

プールから上がる際は時奈さんが転びそうになったから咄嗟に身体を支えたけど、
触れたことにより一気に理性が一瞬ぶっ飛びそうになり慌てて自分の頰をバチンと打った。

まだ本番じゃないからこんなとこで無理矢理押し倒したりしたら確実に嫌われるだろう。
はあ、危なかったよ。

「彼氏が悪の組織の戦闘員Eなんですが…」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く