話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

彼氏が悪の組織の戦闘員Eなんですが…

黒月白華

第6話 フリマアプリで薔薇売ってみた

「ラキュラス総帥に彼女できたんだって」
悪の組織の戦闘員休憩室で戦闘員Aさんが話していた。
おいおい、幹部共…下っ端にまで話が筒抜けてるじゃないかよ。
今度あいつら締めとこう。

「へえ彼女?」
僕はEのマスクをつけたまま喋る。
ここでは基本個人情報の漏洩は禁止、お互い顔も知らないという間柄だ。

「総帥の彼女かあ…どんな美人だろう?」
とBが考える。

「総帥っていくつだよ?俺より年下っぽいけどな」
お前もいくつだよ。D。
そしてCはまたサボりか!C減給しとこ。

しかしそこでAがジャーンと最新型のiポンを取り出した。

「いいだろぉ!やっと買ったぜ!並んだぜ!徹夜だぜ!」
と自慢した。

「Aさん最新型好きですねぇ」

「ああ!時給いいから俺戦闘員好きだよ?痛いけど体張って労働してるもんな、たまにはご褒美してもいいじゃん」
よし…Aの時給アップしとこう。

「俺はスマホで彼女といつもやり取りしてるわ。待ち受けも彼女!個人情報で見せられないけどな」
というBの話に僕は食いついた。

「Bさん彼女いたんですねぇ、僕も最近できたけど…やはりスマホで連絡しあってるんですね」

「そりゃそうよ!って、お前もできたのかE!おめでとう!
なら待ち受けは彼女でライメで離れてても時間潰しになるし、
朝と夜起きた時と寝る前におはようとお休みを言い合うんだ。いい夢が見れる。基本だろ」

「ほうほう…それはいいですねぇ」

「俺なんか毎回愛してるとか言わされるんだよ。まぁ俺は電話じゃなく直接だけどな!」
とDが同棲中の惚気を言う。
Aは唯一恋人がいないので

「お前ら…なんて羨ましい!クソ!この怒りを今日のヒーローたちにぶつけてやる!」
A…お前の時給もっとあげてやるよ。




「何です?あの…これ?」
公園のベンチで袋に入った箱を開けるとそこには私が羨ましいけど買えないスマホが入っている。

「何ってスマホだよ?僕たちカレカノなのに持ってないっておかしいよね?」

「ええ…でも料金とかあの…」
スマホの月々の料金はガラケーより高いっ!

「心配しないで?月々の料金は僕持ちだから君はこれを持ってるだけでいい。
ちゃんと待ち受けは僕のにしといたし、ライメも僕の登録入れといた。使い方は教えてあげるよ」

「ち、ちなみに待ち受けを変更したら…?」

「え?うーん、バイト先のコンビニを爆破かな」
ひいいいい!待ち受け変えたらバイト先のコンビニが爆破される!!

「変えるの?」

「か…変えない…です…」
待ち受け変更にとんでもない結末が待ち受けている。
ニュース映像で【待ち受け変更の結果コンビニ爆発】という見出しが出たらどうしよう!

その待ち受けもとんでもなくイケメンの栗生院くんが微笑んでいる。
電源入れるだけでイケメンの攻撃が始まるよ!

「あ、朝は僕から電話して起こしてあげるよ」

「えっ…」
朝からイケメンボイスが来るの?何それ!

「夜は君からかけてね?23時30分にしよう!」

「えっ!私から??」

「愛し合っている感じでいいじゃない!嫌なのぉ?」
ジトリと見られまたどこを爆破しようか検討している顔だ!

「わ…解りました…」

「それから…」
まだあるか!まだあるのかドル男!
ライメでは下の名前で書いていい?文字だしいいよね?慣らそう!」
とキラキラした瞳で見つめる。

「え…あっ…はぁ」
それより操作を覚えなきゃならない。
こんなっ最新型で高そうなやつ…落として画面とか割ったらどうなる?
いやこのクソ金持ちは換えのスマホなど山程くれるだろうけど。

そして私はスマホの操作を教えてもらいなんとか使えるようになった。
しかし文字打ちが遅い。

「テストで送ってみるね!」
と栗生院くんが送信して開いてから

(時奈さん♡届いてますか?僕の愛!)
という一文になんてものをテストで送ってきてんだ。
この女殺しめ!と赤面しつつもなんとか文字をノロノロ打つこと15分!
慣れてないから困る。しかし栗生院くんはにこにこと横で待っている。

そしてついに彼のスマホが音を鳴らした。
送信できたようだ。

(吉城くん…届きました)
それだけしか打たなかったが栗生院くんは感激しているようだ。
じっと文字を見つめると頬を赤く染めた。

ええええ!?意味が解らない!どこで何が彼をそうしたのか!??
はっ!まさか愛が届いたとかの勘違いか?
違うよ!ライメに届いたっつー意味に決まってんでしょ!!テストだって言ったし!!

なんか判らんが私まで恥ずかしくなり俯く。
すると栗生院くんのスマホからアラームが鳴り、

「あ、バイトの時間だ…。そうだ、雪見さん…このスマホね、アプリも入れれるしさ、いろいろ使ってね?
フリマアプリとか、出品するとよく売れるらしいよ?」
とにこっと笑う。
フリマアプリ…聞いたことがある…バイト先の先輩から。

何か出品してみたらすぐに売れるとか。
やってみるものだな、って笑ってた。
普通のお店に持ってくより倍の値段で売れたって。

「じゃあ僕行くね?あ、夜は電話してね?待ってるから!」
と栗生院くんは私に一度軽くハグして去っていく。
私はまた石になりかけた。いきなりハグされることに慣れてねぇよっっ!
しかし…フリマアプリか…。
貧乏な私には売るものなどないが…。
先日貰った薔薇…あれ売れるのかな?と思った。
早速アプリを起動して…薔薇なんか売ってる人いるのかと検索したらいた!!
まじか!薔薇も売れるのか!!
ヤバイ!売ろうあれ!

私は即座にボロアパートの片隅にある薔薇を売ることを思いついた。
だってあんなボロアパートに飾っておくより他の花好きな人が買ってくれた方が薔薇も喜ぶ!!

早速私はカメラ機能とやらでアパートにある薔薇を撮影して売りに出すとなんと3分後に売れた!!

「うおおおおおっ!まじかっ!ほんとにすぐに売れた!凄い!…ん?」
購入者からのメッセージに気付いた。
お礼とこの薔薇が貴重な品種ってことと一旦取引解除でもう少し値段を釣り上げてくださいと頼まれた。
それだけの価値があると。

え?安く売りすぎたのかな?薔薇の値段なんか知らないし適当に他の人の値段見て決めたけど。
でもなんか購入者から頼まれたし私はとりあえず値段を釣り上げてまた売り出したらまた3分後に同じ購入者から買われた。
送料も向こうが負担してくれるという。
マジか!なんて親切な人なの?余程薔薇好きなのね!良かった!
私は包装して薔薇にメッセージを付けて送った。

購入者希望の金額で薔薇は3万円で売れた!3万円!!米が買える!!

私はそれだけで幸せになった。ごめんなさい栗生院くん!
でもっ!こんなところで枯らすより相応しいところで美しく果てた方が薔薇もきっと幸せよ!!
と思い私は米を買いに行く。


「坊っちゃま…何という本末転倒な…」
鳴島が呆れて言う。
そう、先程雪見さんが出品した僕のあげた薔薇は僕自身が3万円で買い取った!!
当たり前だろう!
可愛い彼女が出品したものを他の奴に買われてたまるか!

そしてその光景に浮かれる雪見さんを思い浮かべて微笑む。
僕は後日届いた薔薇を見た。
メッセージが添えてあった。

(あなたの手元に行き薔薇も喜んでいます。お買い上げありがとうございました!)
と。
そうだね、とても嬉しいよ。
僕は薔薇を部屋に飾りメッセージを大切に金庫にしまう。
時々出して眺めよう。だって雪見さんの綺麗な字だもん。

「彼氏が悪の組織の戦闘員Eなんですが…」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く