話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

彼氏が悪の組織の戦闘員Eなんですが…

黒月白華

第1話 お金で買えないものを愛とか言う…

栗生院くんは腕を出して傷を執事に治療してもらっていた。
ちなみに私の家はバイト先から徒歩で15分圏内なのにヘリで送られているという異常事態発生中。

「雪見さん何歳ですか?」

「えっ?17ですけど」

「あっ…僕より一つ上だね!」

「えっ…そ、そうですね…」
おばさんだわ…。すみませんこんなおばさんが…。

「でもお礼は言ってよ…」

「いえ、こんな豪華なヘリで送ってもらっているのがもう既にお礼ですから」

「ええ?こんなのが?お礼のうちに入らないし僕の気がすまないよ?
ねぇ鳴島どうしたらいい?」
と困って老執事に聞く。

「坊っちゃま…一般人の方にいきなり豪華なもてなしをしても引かれます。
相手のレベルに合わせるのです、一般人の行く映画とか食事とか」

「あっそうか!」
いや待って!水一本!水一本でそこまでしてもらうわけにはいかぬよ!!

「いいえ、ほんとにあの気にしないでください!いいんです!ほんとに何もいりませんから!」
と私のボロアパートの真上付近に来た。ヘリは上空で停止した。そして

「雪見さん、では僕にしっかり捕まって?」

「え?」
私が戸惑っているとまたホールドされ彼は開いたヘリの扉から
シュルリとロープやワイヤーで固定しあっという間に地面に着地する。

「………」

「雪見さん?大丈夫?怖かった?」
怖ええええよ!!!

「いっ…あの…えっとありがとうございました!で、では私はこれで!!」
と私はぺこりと頭を下げてダッシュでアパートを駆け上がってドアを閉めてしまう。
バラバラとヘリが遠ざかる音が聞こえる。

落ち着け。もう会うこともない。
貴重な体験ができた。
私は自分の部屋でやっと一息ついた。



「すぐに彼女の調査を」
僕は鳴島に指示を出した。
僕の正体を知られ僕に水をくれた恩人にお礼もなしでは気がすまない。

「坊っちゃま…あまり過度なことをされては…」

「うーん、でもちょっと興味あるよ?僕の周りにいないタイプだし」

「それは全くその通りですが坊っちゃまには婚約者も」

「ああ、それいらない、破棄しといて」

「はあ、畏まりました」
とあっさり婚約者を捨てた。
元々顔合わせは一度だけだし別に好きなタイプでもないし?
それよりなんか楽しくなってきたな。ヘリに乗っただけであんなに驚いた顔になるんだ、一般人て!
もっと見たい!彼女の驚いた顔!

「新しい玩具を発見した顔ですな」

「失礼だろう鳴島!丁重に扱え!」

「はぁ…」
鳴島はため息を吐いた。



今日はバイトが休みだ。スーパーに直行して見切り品を買って帰ろう…。
米が切れそうだ。素麺買おうか。
トボトボと校門に向かうとザワザワと人集りが出来てる。
何だろうと覗いたら昨日のドル顔の栗生院くんが高校生の制服を着て
手に薔薇の花束を持ち私を見つけると満面の笑みで走り寄った。
人集りが一斉にモーゼの十戒のように割れてしまう。

「雪見さん!待ってました!ごめんね急に来て!今日僕もバイト休みなんだ!デートしよう!」
と薔薇を差し出して笑う。それに周りが

「きゃーっ!素敵!」

「何だあの女!」

「羨ましい!」
口々に悲鳴や愚痴に嫉妬が飛び交った。とんでもないことになった。
そりゃこんなダサメガネがイケメン男子に迫られていりゃ女子校の話題になるのは確実。
明日からどう生きていけばいいんだ?

するとスッと自然に手を繋がれて私はどきりとするがおかまいなしで
栗生院くんは私を連れて校門を出た。
大通りに出ると高級車が待ち構えておりそれに乗せられた。

ひいっ!私のHPが!

「お礼はいいと言いました」

「ごめんね?やっぱり注目されちゃったよね?でも君を悪く言う子の家は潰すから安心してね?」

「え?」
なんか恐ろしい言葉が聞こえたが回路がショート中なのでもうよく聞こえない。

「君のことを生まれた病院からみっちり調べさせてもらったんだ、苦労したんだね。
苛めっ子の家を調べて今早急に対処させてるところだから安心してね?」
ええええーっ?調べた?私のことを?それにあの女王様を対処するってどういうこと?
怖いぞ!このクソ金持ち!
悪の組織でバイトしてるしやっぱりおかしい!!

そもそもこの世界には悪の組織と正義の組織というものが一応ある。
なんかいつも闘っていて正義の組織が勝つと街の人々は喜ぶが
悪の組織が勝つと裏社会の人間が喜ぶという独特の世界なのだ。

「あの…あなたの正体は言わないからもう私を解放してください…」

「うーん…嫌だな?後、僕下っ端でバイトしてるけどね、
完全に暇つぶしでやってるんだよ。同僚にも秘密なんだぼくのこと…」

「暇つぶし…だってあのヒーローとかにボコられるのが暇つぶし?」

「うん、そう!やられ役やってみたくてさー!だってE E E…とか言うの面白くて!」
変な人だ!変な人がいる!

「でも毎回殴られるの痛いでしょ?この前も傷だらけで」

「別にマゾってわけでもないけどね、痛いもんは痛いけどこの仕事にやり甲斐があってね。
僕ってほら、クソ金持ちで人から殴られたりしたことないんだよ!
殴ったらそいつ社会的に抹殺でしょ?
だからちょっと自分を鍛える意味で正体隠しながら下っ端バイトしてんの」
なんだそりゃ?どういう価値観なのかさっぱり解らない。
いや、こんな変な人だから私に目を付けたのが正解なのだとしたら?

「あの…私を解放する気は…」

「うん、ないよ?」
とにっこり微笑まれる。
完全にこれ私玩具じゃん!おい、美人のとこにいけよ!
口答えしても無駄な気がした。

「そうだ、雪見さん!僕の彼女になってね?
お金で買えないものって言ったら愛しかないし」

「は…はいいいいい???」
栗生院くんの言葉にいよいよわけがわからなくなった。

「彼氏が悪の組織の戦闘員Eなんですが…」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く