話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

#海賊たちのサマーソング(上)
冒険

完結:3話

更新日:

#海賊たちのサマーソング(上)

  • あらすじ

     『洋画』っぽさ✖️『ラノベ』っぽさ❗️ ✖️  “プレイする”ラノベ!
     『夏の終わりに、おうちの3分で夏祭り気分!』
     
      コロナのせい
      夏祭り、花火大会にも行けない
      この夏、不完全燃焼感、フラストレーションが溜まっている
     
     そんなアナタへオススメです!
     たった「冒頭数ページ読むだけ」でも夏祭り気分を味わえるので、「試し読み」を良かったらどうぞ!
     
     あらすじ(小4→高3)
     
     主人公は戦国時代最後に活躍した海賊の末裔――で、やんちゃな優等生。
     
     「調べてみるか。海賊だったご先祖様に、何か秘密があるはずだ」
     
     小学四年生の夏、瀬戸内海のとある島で、5人の少年少女が『瀬戸内海賊団』を結成した。目的はただ一つ、戦国最後の海賊――《太閤海賊七人衆》が残した《遺産》を見つけるため。
     やんちゃしながらも毎日楽しくやっていたが、ある探検中海難事故に遭い、リーダーである汐飽博士の父親が死んでしまう。それをきっかけに博士は気力を失ってゆき、ついぞ海賊団は解散することになった。
     
     そして時は経ち、高校三年生の夏。
     
     「海賊の秘宝が眠ってるかもしれないじゃないか」
     「暁良、お前には幽霊に見えてんだよ。枯れ尾花がさ」
     
     そう言って無気力に、惰性で送る“青春”の日々。
     そんなある日、昔夏祭りの夜に出会ったハーフ美少女が島に現れ、
     
     「――では決めてください。今この場で飛び込んで死ぬか、一緒に宝探しをするか」
     
     と、カナヅチの博士を半殺しにかかる。
     彼女に励まされて(?)自分を取り戻した博士は、次の手がかりを得ることに成功!
     だが同時に来日した外資系トレジャーハンターの企業、ディープ・パンダ・インダストリー(DPI)の魔の手が迫り……?
     
     絶対に奪わせない夏が、今始まる。
     
     目次
     一、只野博士(ただのはくと)は知恵と海賊でできていた。
     二、あの夏と、この夏。
     三、社会はどこでもブラックカンパニー
     四、再開の幽霊は枯れ尾花?
     五、地図を手に入れた。二枚目の地図を。
     六、ダンジョンに潜って
     七、裏切りと鬼手と
     (中)へ続く。
     読み終わるまでの目安:40分
     
     
     ――ノスタルジー、「懐かしさ」を感じると貯金が増える⁉︎
     冒頭ページを「3分読むだけ」で、貯金が増えます!
     「貯蓄したいから、まずお金について学びたい」
     そう考える人は多いと思います。私達はみな、お金についてより多くの知識を学ばなければなりませんよね。そう、マネーリテラシーです。
     しかし、お金に関する知識よりも、もっと貯蓄に効果的な方法があるとしたら、いかがでしょうか?
     実はCreighton Universityでは、マネーリテラシーを高めるよりも心理学を学んだ方がより貯蓄に活かせるという研究が発表されています。
     その研究によると、ノスタルジーを感じたグループは節約力が67%増加しました。さらに、米国5都市(ボストン、オースティン、シアトル、アトランタ、ダラス)で実験を繰り返したところ、最大137%(アトランタで)の貯蓄の伸びを示したのです。
     
     では、懐かしさを感じるにはどうすればいいのでしょうか?
     簡単です、本作『海賊たちのサマーソング』を利用するのです!
     
     「あの頃に戻りたい」けれど、「もう戻れない」。
     普通の人はそう思いますよね?
     ですが、物語では別。読書をするあなたは想像力が他の人より高いはずです。
     だから自由に「あの頃」へと戻ることができます!
     
     さぁ、本書の冒頭部分を読んで、ノスタルジーを感じてみませんか?
     そして屋台のかき氷1つ分のお金で、貯金を増やしませんか?
     
     とは言えど、今この瞬間、物語でタイムスリップするかどうかは、あなた次第です。
     
     

「#海賊たちのサマーソング(上)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品