話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ギミックハウス~第495代目当主~

北きつね

第十七話 【ギルド】会談前


 朝から・・・。いや、正確には3日前から、緊張してしまっている。
 今までの会談とは、持っている意味が違う。メルヒオール様が控えているが、自分が全面に出なければならない。

 魔王ルブランは、理知的な魔王だ。いきなり、激昂して我らを処断するような状況にはならないだろう。

 今までの報告では、魔王ルブランは従者たちを愚弄した者や、自ら作り出した物を粗雑に扱った者には、厳罰をもって接しているが、自分自信への暴言には寛容な態度を示している。それが、苦言だとしたら、その者に褒美を取らせたこともある。

「ボイド。今から、それでは持たないぞ」

「そう言っても、結局のところ、求められている情報が解らない以上・・・」

 魔王ルブランが求めている情報が解らない。自分たちが持っていない情報を持っている可能性もある。特に、帝国からの情報では、魔王ルブランは7番隊ですら知らなかった情報を簡単に開示してきた。帝国の貴族に関する不正の情報だ。

「ボイド、未知は確かに怖いが、今から対峙するのは、未知な者ではない。底は解らないが、表面だけ見れば、既知の存在だ」

「しかし」

「大丈夫だ。今までの、魔王ルブランの所業から、最悪の場合でも、二人だけで済むはずだ。だから、ティモン殿は置いてきた」

「わかっています。しかし・・・」

「ボイド。考えれば答えが出るのか?」

「いえ」

「それなら、考えるだけ無駄ではないか?」

「それでも」

「素直に解らなければ、”解らない”と、”答える”しかない。魔王ルブランが、ギルドの情報を欲しているのなら、儂が説明する」

「わかりました」

 指定の時間まで、余裕があるために、カプレカ島にあるギルド支部に立ち寄った。支部の設立は、魔王ルブランの条件を丸呑みした形だが、小さな問題の発生もなく、運営が行えている。他の、ギルドよりも問題が少ない状況だ。
 魔王の支配下で、おかしな行動をしたら、その時点で”死”が連想されるために、支部を使う者たちも、約束事を守っているのだろう。

 実際に、視察をした時には静かだった。
 今日は、静かではないが、喧噪とも違う。活気に溢れている印象だ。

 ドアがノックされる。魔王ルブランが到着したのか?

「ボイド様。ルブラン様が到着されました」

「ありがとう」

 チップとして帝国銅貨を1枚取り出す。

「ありがとうございます。しかし、受け取れません。私たちは、魔王ルブランさまから十分に頂いております」

 ここは、素直に銅貨をひっこめる。

「それは失礼した」

「いえ、お心遣い。嬉しく思います」

 人族の少年が頭を下げる。
 教育もしっかりと出来ている。カプレカ島に居るのは、元奴隷か奴隷の家族だと教えられている。それなのに、連合国にあるギルドのメンバーに見習わせたい。

「ボイド様?」

「失礼。それで、ルブラン殿は?」

「お屋敷に入られました。ご案内いたします」

「わかった」

「お二人ですか?」

 人族の少年は、私とメルヒオールを見て首をかしげる。

「そうだ。私と一緒に行くのは、メルヒオール。城塞町・・・。城塞村の代官代理をしている。今回の会談で、ティモン代表から、全権を委任されている」

 普段よりも説明口調になってしまう。

「ボイド殿。メルヒオール殿。失礼をいたしました。私は、城塞村のギルドからお越しの方は、7名と伺っておりました」

 7名と聞いて、背中に嫌な汗が流れる。
 メルヒオールを見ると、こちらを見ている。

 ダメだ。
 やはり・・・。

「すまない。護衛を、城塞村から連れてきている。その者たちが、5名いる。しかし、会談に向かうのは、二人で間違いはない」

「わかりました。ご丁寧にありがとうございます。ルブラン様の館には、2名で伺うと、通達を

 今、”行いました”と言ったのか?言い間違えか?いや、確実に違う。この人族も、魔王ルブランから何等かの力を得ている。
 メルヒオールを見るが、同じことを考えているようで、目を見開いて人族の少年を見ている。

「案内をお願いする」

「はい。こちらです」

 人族の少年を先頭に、ギルドを出る。
 前を歩く少年は、有名なのだろう。ギルドの職員だけではなく、ダンジョンに挑戦する者たちも、少年を見て道をあける。威厳があるわけではないが、力を感じる。

「メルヒオール」

「ボイド。何を考えているかわかるが、儂が全力で戦って・・・。全盛期の儂が、全力をだしても、ギリギリだ」

「それほどか?」

「これを見ろ」

 メルヒオールが握った手を広げる。
 汗が滴り落ちてしまうのではないかと思うくらいに濡れている。

「さっきから、震えが止まらない。戯れに、威圧を強めてみた」

「おい!」

「すまん。しかし、笑みを向けたまま、儂にだけ、威圧を返してきた。明確な”死”のイメージだ」

「・・・。”気を引き締めろ”と、いうことだな」

「そうだな。ルブラン殿は、理知的だとしても、周りの者が同じだとは限らない」

「あぁ」

 メルヒオールとの会話は聞こえているのに、反応を示さない。それだけ、訓練を受けているのだろう。
 こちらの話に反応を示してくれた方が、恐怖は感じない。圧倒的な強者にだけ許された態度に思えてしまう。

「こちらです。ルブラン様は、すでに到着されております」

「ありがとう」「貴殿の名前を伺っても?」

「失礼いたしました。私は、ヒオと申します。メルヒオール様」

「たしか、ルブラン殿の配下には序列があると聞いたが?貴殿の序列は?」

「フォースですので、序列はありません。次の選考でサードにはなりたいと考えております」

 ヒオと名乗った少年は、笑いながら、ドアをあけてくれた。質問の意図は、わかるが・・・。それにしても、フォースだったのか?フォースの上位だとしても、1000位台?選考には、戦闘力だけではないのは知っているが、この少年がフォース?文官と武官で別れているとして、この少年が、”武”に寄っていると考えても・・・。

 メルヒオールを見れば、面白そうな表情をしている。
 いきなり戦闘を始めないで欲しい。これから、城塞町だけではなく、ギルドとしての・・・。人類の未来が掛かっている会談なのだ。私たちのミスは、魔王ルブランが、本当の魔王になってしまう可能性がある。命を賭して戦う者だけではなく、魔物も使役できる魔王に人類は抵抗が難しい。
 産まれたばかりで、これだけの施設や仕組みを作り上げた魔王が、人類に牙を剥いたら・・・。

 ドアを抑えているヒオが、強者として振舞えない事実がある。
 ギルドにくれば、間違いなく上位者だ。それも、一握りの強者に数え上げられる。
 ティモン殿の7番隊と私が鍛え上げた者たちが、見つかっている。カプレカ島に一緒に来たわけではない。それなのに、明確に”7名”と伝えられた。

 部屋の中心にある。
 質のいいだろうソファーに座る。女性が、魔王ルブラン。このカプレカ島だけではなく、周辺を支配する。魔王。

 後ろに控えるのは、四天王と呼ばれる者の一人だろう。こちらの人数に合わせてくれたのだろうか?
 魔王ルブランと四天王の一人、そして、従者なのだろう。狐人族の少女と、人族の少年が、控えている。

 ドアが開いたのに、魔王ルブランは動かない。強者に許された態度だ。
 従者の二人が、歩み寄ってくる。訓練されている。二人を抜けて、魔王ルブランを襲っても、あの四天王の一人まで届かないだろう。

「城塞村から、ギルドの代表。ボイド殿。城塞村の領主代行のメルヒオール殿です」

「ヒオ。ご苦労様。控えていてください」

「はい。ありがとうございます」

 少年。ヒオは、扉を開けている。しかし、部屋には一歩も入っていない。
 この部屋には、許された者だけしか入られないのだろう。

 権威付けとしては、正しい行いだろう。それに、出迎えた、狐人族の少女でも、人族の少年でもなく、魔王ルブランの後ろに控える女性が指示を出している。
 ヒアとメア。そして、控えるのが、モミジ殿なのだろう。
 魔王配下のトップが来ている。それだけ、重要だと考えてくれているのだろう。希望的観測は危険だが・・・。

「ギミックハウス~第495代目当主~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く