話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ギミックハウス~第495代目当主~

北きつね

第十三話 【奴隷】


「お姉ちゃん!」

 寝ないようにしていたのに、いつの間にか眠ってしまった。
 魔王城の檻に捕らえられて、それから・・・。美味しいパンと、美味しい干し肉を食べて、綺麗なお水を飲んで、妹と毛布に包まって・・・。妹を抱きしめていた。離れないように、妹の体温と心の音を聞いていた。

 村を襲われてから、初めてゆっくりと寝たかもしれない。

「どうしたの?」

 飛びついてきた妹の頭をなでながら、周りを見る。
 半分くらいはまだ寝ている。

「ううん。お姉ちゃんと一緒に居られて嬉しいだけ」

 妹の言葉が嬉しかった。私も同じ気持ちだ。

「そうだ。干し肉を食べる?」

「うん。でも、お姉ちゃん。昨日の場所に、またパンと干し肉とお水が来ているよ」

「え?また?」

「うん。人族の・・・。お姉ちゃんが起きていたら連れてきて欲しいと言っていた」

「そう、ありがとう」

 妹の頭をなでて、食べなかった干し肉を渡そうとしたら、”お姉ちゃんの”と言われてしまった。

 昨日の場所に向かうと、”ざわざわ”していた。

「どうしたの?」

「お、狐人の族長」

 そう、私たちは、年長者たちの集まりを、族長会と呼んでいる。
 名前が無い私たちは、種族名で呼び合うしか無い。自分たちで、名前を付けて、首輪が絞まるのが怖い。首輪が絞まったら、夢から覚めてしまう気がするからだ。他の者も同じような考えで、考えたのが族長会だ。

「なにがあったの?」

「見て欲しい」

「え?」

 昨日と同じ場所に、昨日以上に置かれた箱が存在していた。

「狐人の族長。こちらの箱を見て欲しい」

 箱の中には、果実?が大量に入っている。
 瑞々しい、美味しそうな匂いだ。村に居た時でも、これほどの果実は見たことがない。

「果実?毒は?」

「ない。年少者が、我慢が出来なくて、食べてしまった。すまない。人族の族長として謝罪する。年少者には罪はない」

「私は、別に罰を求めない」

 周りを見ると、他の族長もうなずいている。
 そうか、私が最後だったのだ。それで、私以外も、罪はないと考えたのだろう。当然だ。私も、我慢が出来ない。年少者が、我慢が出来なくても当然だ。

「狼人の族長。何やら、変わった物が出来ていると言っていたが?」

「あぁ人族の族長。俺たちが居た場所の近くの檻が扉に変わっていた。好奇心に負けて、扉を開けてみた」

「開いたのか?」

「開いた。階段になっていて、降りてみた。そこは、広い部屋になっていた。地下に降りられる階段と、扉が2つあった。怖くなって、そこで帰ってきた」

 狼人の族長が、簡単に説明してくれた。部屋が出来ている。やはり、魔王城なのだろうか?でも、部屋が必要なのか?何をする為の部屋なのか?

「狐人の族長。どう思う?」

 なぜ私に聞く?

「え?他の族長は?」

 人族の族長に話を聞こうとすると、猫人の族長が、私の前に出てきた。

「あのね」

「はい」

「族長での意見を統一しないとだめでしょ?」

「えぇ」

 意味がわからない。
 狼人の族長が、うんうん。言っている。村に居た時には、狼人は、権力志向でどちらかと言うと”俺の言うことを聞け”的な発言が多かった。人族の族長も、読み書きが出来るなら、人族の族長が決めてもいいと思う。

「だからね。僕は、キミの意見を聞きたい」

「私?」

「そう、狐人の族長。僕は、猫人族は、君の下につこうと考えている」

「ん?え?は?えぇぇ?!」

「大きな声を出さないでよ」

「そりゃぁびっくりするよ。なんで?私?狼人族や人族や羊人族も居るのに、なんで?」

「うーん。僕だけの意見ではなくて、猫人族で話し合った結果だよ」

「だから、なんで私なの?」

 猫人族の族長は、僕と言っているけど、女の子だ。

「簡単に説明すると、他の族長も気がついていると思うけど、まずは狐人族が多い」

 それは、間違いはない。
 私もだけど、狐人族の多くが捕まった当初から、みんなで食料を分け合っていた。病気になった子を中心して守ったことがある。大丈夫ではないと思っても、大丈夫だと励ましあった。泣き叫ぶ子が居ても、年長者が代わりに叩かれたこともある。でも、そんなことは当たり前で、他の種族でもやっていることだろう。私たちを大人が守ってくれたように、私たち年長者が年少者を守る事が正しい。

「それは・・・。でも・・・。捕まった人数が多かっただけではないの?」

「それは違う。狐人族みたいに、皆を守ってやれなかった」

「え?」

 狼人族や羊人族も、猫人族の族長に同調する。
 人族の男の子に目線を向けると俯いてしまう。人族の男の子は、孤児院から連れてこられた。私たちとは事情が違うだろう。

「わかった。でも、族長会議は今まで通りでいいのよね?」

「それは、あとで話し合おう。今は、狼人の族長が言っていた部屋に関して、話をしよう」

 人族の族長が、話し合いを提案してくれて、話が元に戻った。それに、皆にも早くしたい理由がある。

「そうね。私たち族長の半分で狼人の族長が言っている部屋を見て、残り半数で食料を分けると言うのは?」

 私の提案が、その場で採択された。
 そして、提案が通って、半数はパンと果実を渡されて、部屋を見に行くことになった。
 私と猫人と狼人と人族の族長だ。残りの5つの種族の族長が、食料を分けることになった。それから、種族の人数が10に満たない種族は、狐人族が預かることに急遽決まった。私の考えではないが、他の族長がまとめて欲しいと言ってきたからだ。妹を呼んで、他の種族と仲良くするように、他の年長者に伝えるようにお願いした。

 食べ物を受け取って、美味しい果実を食べてから、部屋を見に行く。
 狼人の族長が先頭を歩いていく。

「ここだ」

 たしかに、ドアが出来ている。狼人の族長の話では、最初から有ったわけではないようだ。寝て、起きたらドアが出来ていた。

 どうやら、狼人の族長が先頭で入るようだ。次に私で、猫人、人族と続く。

「狐人の族長。君、文字が読めるよね?」

 後ろから、人族の族長が私に質問をしてくる。

「え・・・。うん。全部ではないけど、読むことは出来る」

「そう・・・。やっぱり、君。村長の娘さん?」

「・・・。うん。村民を守る事が出来なかった・・・。ダメな村長の一族・・・」

「あっごめん。僕は、そんなつもりはない。狐人族が、君を中心にまとまっているし、君の指示を皆がしっかりと守っているから、すごいなって思っただけで・・・。君をけなしたり、責めたり、そんな気持ちじゃないよ。本当だよ。もうしわけない」

 必死な様子に、少しだけ気分が和らいだ。

「ううん。いいよ。私も、少し・・・。言い過ぎた」

「よかった」

 真ん中にいた猫人の族長が笑顔になっている。

「人族の族長。必死だね」

「え?」

「ここだ」

 ドアを開けて、歩いていたら、前を歩いていた狼人の族長が後ろを振り向いた。
 左右に通路があって、左右のどちらにも、扉が付いている。正面はさらに下に降りられるようになっている。

「え?」

 私は思わず声を上げてしまう。
 人族の族長も文字が読める。不思議な表情をしている。きっと、私も似たような表情をしているのだろう。

「人族の族長。あれって、あれですよね?」

「そうだね。でも、こんな所に、それに、”子供たちへ”と書かれている。僕たちのことだよな?」

「おい。二人で納得していないで、説明してくれ!」

 狼人の族長が、人族の族長に少しだけ大きな声で話しかけます。

 人族の族長は、私を見てうなずきます。どうやら、私に説明をして欲しいようです。確かに、狼人の族長は人族の族長に聞いているのですが、私が答えたほうがいいような気がします。

「右側は男の子用の”お風呂”と書かれていて、右側は女の子用の”お風呂”と書かれています。両方に、”子供たちへ”と書かれていて、自由に使って良いと書かれています」

「”お風呂”?水浴びの場所か?地下にも、何か書かれているよな?」

 ”お風呂”ではなく、地下二階に繋がる階段に向けられている。
 地下二階に降りる前に、”お風呂”を調べることになった。

「ギミックハウス~第495代目当主~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く